1. 雑学
    2. 歴史を効率よく勉強するコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史を効率よく勉強するコツ

    このライフレシピのもくじたたむ

    学校の授業や受験において、歴史の勉強は文系の方ならすると思います。しかし歴史ってただ暗記するだけというイメージでいまいち頭に入りにくいんですよね。

    今回はそんな覚えにくい歴史を効率よく覚えられるコツを紹介したいと思います。

    歴史を効率よく覚えるコツ

    年表は前後関係を大事にする

    歴史の勉強をしていると必ずといっていいほど出てくるのが年表です。これこそただ覚えるといったイメージですね。

    しかしただ丸暗記ではすぐに忘れてしまいます。年表を覚える時はその前後関係に注意しましょう。そうすることで効率よく覚えられます。

    前後関係が把握できると時代の「流れ」というものがつかめます。入試では出来事を古い順に並べるといった問題もあるので、前後関係は非常に大切です。

    背景を考える

    歴史上起こった出来事はすべて理由があります。しかもいくつかの出来事は関連性があるのです。ただ単発で事件などを覚えてもすぐ忘れます。

    背景を自分なりに考え、関連のある出来事と一緒に覚えましょう。

    たとえば「農村で一揆が起きた」という出来事があったとします。これだけでは忘れそうですね。なぜ一揆が起きたのか考えましょう。

    一揆が起きたのは「飢饉が発生したから」です。そして政府は一揆を沈静するために「新しい法を作った」と歴史は続きます。

    このようにすれば3つも事柄を覚えられるし、忘れてしまっても1つ覚えていれば関連性があるので容易に思い出せますね。

    歴史というものを楽しむ

    これが一番重要です。人間は興味のないことを覚えたってすぐに忘れます。逆に興味があれば理解も深まるし、簡単には忘れないのです。

    歴史をただの授業や受験科目と考えて勉強していては効率が悪いです。歴史そのものをまずは好きになってください。よくわかってくると歴史は非常におもしろいです。

    おわりに

    この方法によって歴史が少しでも敷居の低いものになればと思います。

    また、歴史がおもしろいと感じてくれた方は、歴史上のさまざまな出来事について自分の意見や考えを持ってみてください。

    それを仲間と話し合うのも楽しいですし、自分なりに考えることで歴史がもっと身近なものになるはずです。

    このライフレシピを書いた人