1. 雑学
    2. ロータリークラブとライオンズクラブとは?社会奉仕団体の基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ロータリークラブとライオンズクラブとは?社会奉仕団体の基礎知識

    「ライオンズクラブ」「ロータリークラブ」という社会奉仕団体をご存知でしょうか。「名前は聞いたことあるけど、何をしてるかはわからない」「そのふたつがどう違うかわからない」という方も多いのでは?

    ここでは、この「ライオンズクラブ」「ロータリークラブ」というふたつのクラブとその違いについてご紹介いたします。

    そもそも「社会奉仕団体」とは?

    まず知っておいていただきたいのが、ロータリークラブ・ライオンズクラブのどちらもが「社会奉仕団体」であるということです。では、そもそも「社会奉仕団体」とは何をする団体なのでしょうか。

    社会奉仕をする団体である

    ざっくり説明してしまえば、ずばりそのまま「社会奉仕をする団体」です。会員には、地域社会の活動やボランティアなどに進んで参加し、進んで募金するような「社会奉仕」が求められるわけです。

    また、頻度は参加しているクラブによって変動しますが、およそ1~2週間に1度の「例会」と呼ばれる会に参加して、会員同士の親睦をはかるというのも、こうしたクラブの目的のひとつとされています。多くの社会奉仕団体においては、この「人脈作り」もクラブ入会の重要な目的であるとされています。

    どんな人が会員なの?

    会員となるために必要な役職や業種などは特にないとされていますが、ある程度のお金を自由にでき、1~2週に1度の例会に参加できるような立場でなければ、参加はできてもその維持は難しいでしょう。

    そのため、必然的にその地域内で各業種でのトップ企業の代表もしくは役員の立場にある人が会員となることが多いようですが、最近はその門戸もかなり広くなっているようです。

    ロータリークラブとライオンズクラブ

    ロータリークラブとは

    ロータリークラブ(Rotary Club)とは、国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーである単位クラブのことを言います。クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」を指し、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされています。とはいえ、個人だけでなくクラブ単位・国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行われています。

    ロータリークラブでは会員の職業倫理を高める「職業奉仕」、そしてそこから広がる「社会奉仕」「国際親善」を目的とし、「Service Above Self(超我の奉仕)」「One profits most who serves best(最も良く奉仕する者、最も多く報いられる)」を標語として定めています。

    社会奉仕という面においては、ボランティアなどに参加するというよりも、環境保護や社会活動に対する金銭的な援助や補助をメインとしているようです。

    著名会員にはパナソニックを起こした経営者である松下幸之助や伊藤忠商事を発展させた伊藤忠兵衛、イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーやあのトーマス・エジソンのようなお歴々が並んでいます。

    ライオンズクラブとは

    ライオンズクラブとは、世界最大の社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」に所属する単位クラブのことをいいます。

    ライオンズクラブは世界最大の奉仕団体であり、「ライオン」とは偉大な行為、高い理想といったものを象徴しているんだとか。その頭文字は「Liberty Intelligence Our Nation's Safety(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)」というスローガンにもなっているそうです。

    ライオンズクラブは、ロータリークラブのように社会奉仕活動を職域や個人で行うだけではなく、チームワークを発揮して行うことによって、有意義な効果をあげるように組織された団体なんだとか。

    2つのクラブの違いは?

    奉仕活動の取り組み方のちがい

    ライオンズクラブが奉仕活動を行う時には「我々は奉仕する(We Serve)」。すなわちクラブ全体でまとまって一つの事業に基金を拠出します。原則として個人個人では奉仕しません。

    ロータリークラブは、全員がまとまって行う奉仕活動も沢山ありますが、基本的には「会員一人一人が奉仕活動の単位」です。すなわち、「私は奉仕する(I Serve)」「自己の責任と判断において、自分の職業を通して、社会に、世界に奉仕しよう」という考え方が基本となっています。

    入会審査のちがい

    筆者は会員ではないため実際のところはわかりませんが、入会における審査の厳しさが両クラブの違いともいわれています。

    たとえばライオンズクラブには中小、零細企業の社長さんも割と簡単に入会されていますが、ロータリークラブの場合は社長として第一線で働く必要のない規模の会社社長でないと長続きしないそうです。また、どちらも社会貢献に対する知名度や人格が求められるんだとか。

    おわりに

    入会に興味がある・入会を誘われているなどという場合は、このふたつのクラブの違いをよく理解し、よく考えてみたいですね。

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人