\ フォローしてね /

夏にもぴったり!ピリっと辛いメキシカンライスの作り方

毎年やってくる暑い季節、夏だからこそピリッと辛くて美味しいものを食べたくなったりしませんか?だからといって鍋物をするのは暑いですし、「夏でもささっと作れるレシピがいい!」という方も多いですよね。

そこで今回は、メキシコ料理が大好きな義姉に教えてもらったメキシカンライスの作り方を紹介します。暑い夏にも、ピリ辛好きな大人のランチにもぴったりです。

材料(2人分)

  • バター・・・大さじ1
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • グリーンピース・・・1/4カップ
  • コーン・・・1/4カップ
  • 市販の刻みガーリック・・・大さじ1
  • 缶詰めトマト・・・1/2カップ
  • グリーンチリ・・・1/2カップ
  • 米・・・3/4カップ
  • 水・・・1カップ弱
  • 固形のブイヨン・・・1/2個
  • チリパウダー・・・小さじ1/4
  • クミンシード・・・小さじ1/4
  • 塩・・・少々
  • 細切りチーズ・・・1/2カップ
グリンピースとコーンは、冷凍または缶詰めのものでOKです。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:玉ねぎをみじん切りにする

玉ねぎはみじん切りにします。

STEP2:炒める

鍋にバターを入れ中火で加熱し、玉ねぎとガーリックを炒めていきます。玉ねぎが透き通るくらいになるまで、焦がさないように炒めます。

STEP3:コーンとグリーンピースを炒める

コーンとグリーンピースを加え、中火で具材がやわらかくなるまで数分炒めます。

STEP4:米を加える

軽く流水で洗ってザルに上げ、水気を切っておいた米を鍋に加えます。色がやや褐色になるまで炒めていきます。

STEP5:残りの材料を加える

トマトとグリーンチリ、水、ブイヨン、チリパウダー、クミンシードを加えます。そして強火で沸騰させてから、火を弱めて蓋をして15分くらい炊きます。

STEP6:蒸らす

火を止めて、そっと混ぜてから蓋をして5~10分くらい蒸らします。

STEP7:チーズを加える

蒸らし終わったら、チーズを加えて軽く混ぜて出来上がりです。

STEP8:完成!

お皿に盛りつけて、トッピングにチーズをのせます。これで完成です。

フレッシュなシラントロが手に入れば、葉を刻んでのせるとより本格的なメキシカンライスになります。

作り方のコツ

水が多めだとライスがべたっとしてしまうので、水は注意しながら入れます。また、辛いのが苦手な方はチリパウダーを減らして調節してください。

おわりに

ちょっとピリ辛のライスなので、暑い日でも食欲が進みます。簡単なのでぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。