\ フォローしてね /

たまには洋風に!とろ~りクリーミーな鍋焼きうどんの作り方

寒い季節になると食べたくなるのが鍋焼きうどん!出汁のきいた鍋焼きを食べると身体がポカポカして幸せな気持ちになります。

定番の鍋焼きもいいけれど、ちょっぴりアレンジして洋風鍋焼きはいかがでしょうか?真ん中にちょこんと浮かんだ半熟卵に、クリームで絡まったうどんをさらに絡めて召し上がれ~!

材料(1人分)

  • 玉うどん・・・1玉
  • 生卵・・・1個
  • じゃが芋(小さめ)・・・2個
  • 人参・・・5cm
  • 冷凍コーン・・・大さじ1
  • ウインナー・・・2本
  • 茹でたブロッコリー・・・4~5個
  • 水・・・400cc
  • 顆粒コンソメ・・・小さじ1
  • クリームシチューの素・・・2~3個

作り方(調理時間:20分)

STEP1:じゃがいもをレンジで加熱する

じゃがいもは皮をむき、ラップに包み500Wのレンジで4分加熱します。

4分経過したら竹串などで刺してみて、スーッと通ったらレンジから取り出します。足りない場合は1分ずつ追加してください。

じゃがいもをラップで包むときは、余裕を持たせて包んでください。ピッタリ巻きつけると破裂する場合がありますので、注意しましょう。

STEP2:具材を切る

人参は皮をむき、1cmほどの角切りにします。玉ねぎは千切り、ウインナーは3等分に切ります。

STEP3:具材を煮る

鍋焼きうどんの鍋を用意し、水と顆粒コンソメを加えて中火にかけます。沸騰したら弱火にし、玉ねぎ・人参・ウインナーを加え、弱火のまま2分ほど煮ます。

STEP4:うどんを加える

STEP3にうどんを加えます。うどんを加えたら蓋をしめ、弱火で1~2分煮込みます。

STEP5:シチューの素を加える

STEP4の蓋をあけ、シチューの素を加えます。ここではとろ火にし、シチューの素を箸やヘラ等を使って溶かします。溶かし終えたら次の工程へすすみます。

STEP6:卵や残りの食材を加える

STEP5の真ん中あたりに卵を1個落とします。まわりにSTEP1のじゃが芋、ブロッコリー、コーンを加えて蓋をしめ、とろ火で2~3分ほど、卵の表面に膜がかかるまで煮込みます。

STEP7:完成!

卵に膜がかかったら完成です!熱いので気をつけて移動させましょう。完成です!

作り方のコツ

それぞれのSTEPにおいての加熱時間は鍋や加熱器具などにより若干異なることがございますので、状態を見ながら煮込んでください。

お好みの具材などを入れて煮込んでも楽しいですね!ぜひお試しくださいませ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。