\ フォローしてね /

クレヨンの落書きを消す方法

こどもがご機嫌におえかき。楽しそうに描いてるからと、ちょっと目を離したすきに・・・なんと家中に落書きをしていた!というご経験のある方も多いのではないでしょうか。

壁や柱、窓ガラスに家具。途方に暮れる前に知っておくと安心な消し方を、お家の場所ごとにご紹介します。

用意するもの

  • ティッシュペーパー
  • クリームクレンザー
  • アイロン
  • 当て布
  • 住居用洗剤
  • アルコール

壁と柱の落書き(軽い汚れ)

ティッシュペーパーにクリームクレンザーをつけ、こすり取ります。

この時、水はつけないで下さい。

壁と柱の落書き(頑固な汚れ)

柱や壁の落書きを落とすもう一つの方法、熱でクレヨンを溶かし当てた布に移す方法です。

STEP1

落書きの上に布をあて、低温に暖めたアイロンを押し当ててください。

STEP2

当て布の位置を変えて同じ様に繰り返します。

STEP3

住居用洗剤とクレンザーを混ぜたものを布に含ませてふき取ると、きれいになります。

窓ガラスの落書き

アルコールを布にふくませてこすり落とした後、湿らせて固く絞った布でふき取ります。

アルコールは、消毒用エタノールで薬局で手に入ります。

家具の落書き

ガーゼに練り歯磨きをつけてこすり取ります。

傷がつかないように丁寧にしましょう。

おわりに

いかがでしたか。万が一の事態に備えて、知っておくと損はありません。

もし、お子さんがクレヨンで落書きしてしまったら、この方法をお試しいただけたらと思います。

言って分かる年齢だと厳しく叱りたくなりますが、その時は、消す姿をお子さんに見せながらすると、次回のいたずら減少に効果的と思います。

クレヨンの他に鉛筆での落書きは、消しゴムで簡単に消えますので、お手伝いができる年齢ならぜひ一緒に消してみてくださいね。

消し方を知って、楽しくおえかきできるとよいですね。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。