1. コミュニケーション
    2. 年下男性に怖がられないためのアラサー女性のたしなみ10か条

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    年下男性に怖がられないためのアラサー女性のたしなみ10か条

    「別に普通なのに『怒ってますか?』ってよく聞かれる」「この前の飲み会でつい説教してしまい、『姐さん』と呼ばれるようになった」などなど、年下男子の引いた顔が記憶に新しいアラサー女性、いませんか?

    アラサーともなると、仕事で年下男子と接する機会も増えてきますよね。年上の女性というだけで「怖い」というイメージを持たれがちなもの。特に仕事の場ともなると、厳しく接さなければいけないシーンもあり、普通にしているつもりでも気づいたら怖がられていた……ということもあります。

    しかし、「怖い女」と思われてうれしい女性はいませんよね。どうせなら、接しやすくて素敵な「大人の女性」を目指しませんか?

    ここでは、筆者が実際に若い男性に聞いた意見も踏まえ、年下男性に怖がられないための「大人の女性のたしなみ」をご紹介します!これであなたも「脱・お局さま」!

    言動のたしなみ7か条

    自分では何気なくやっていることでも、年下男子から見るとつい怖い!と思ってしまうこともあります。言動に気をつけて、「怖さ」に無縁の女性になりましょう!

    1:眉間にシワを寄せない

    ふと顔を見ると眉間にシワが寄っている人ってけっこう多いですよね。飲み会などで愚痴や不満を言っているときだけならまだしも、常に怖い顔だと八つ当たりされそうで話しかけられません。

    かと言って無表情も恐ろしいので、なるべく笑顔でいるように気をつけましょう。

    2:自意識過剰にならない

    「なんだかいつも話しかけられている気がする」「もしかして彼、私のことが好きかも!?」なんて思い込みは捨てた方が無難です。これらはほとんどの場合「気のせい」です。

    「モテない人ほど自意識過剰だと思う」という声もありますので、これは肝に銘じておかないといけません。

    3:求められていないのに説教しない

    自分では相手のことを思ってアドバイスしているつもりでも、年下男子は「あまり親しくないのになんで説教されているんだろう」「オカンみたい」と感じています。

    「私が新人の頃は」「若いんだからこうすべき!」などはもっとも煙たがられてしまうワードです。多用しないようにしましょう。

    とはいえ、それが求められている場合はしっかりとアドバイスしてあげましょう!相手やシチュエーションを選んでアメとムチを使い分けてこそ、大人の女性です。

    4:メールはシンプルに

    業務メールはもちろんですが、業務外のメールにも要注意。好きでもない年上女性から長~いメールが届くと、男性としては恐ろしいものです。業務外のメールであっても、なるべく控えめに短く済ませましょう。

    またラブリー過ぎるメールは恐怖心をあおってしまいますので、デコメやスタンプなどは極力使わないようにしましょう。

    5:手作りの品をプレゼントしない

    手作りのパッチワークなどはもってのほかで、スイーツなどもなかなか危険です。クオリティが高いならまだしも、「うわ~」という仕上がりだったときには……。せめてその場で食べさせてコメントを求めるのはやめましょう。

    「好きじゃない女性の手作りの品は重いし、コメントが難しくて困る」というのが世のほとんどの男性の意見です。

    6:お酒は飲んでも飲まれるな

    大人の女性のお酒での失敗は「酔ってたから」でかわいく片付けてもらえません。お気に入りの後輩に執拗に絡んだり、相手がげんなりしてしまうほど愚痴を言ったりと、酔っぱらいの年上女性はなかなか面倒な存在なんです。

    もちろん、お酒が弱い後輩に無理やりお酒をすすめるのもやめましょう。楽しく飲んで楽しく帰るのが一番です!

    7:過去の武勇伝を自慢しない

    「昔はナンパされまくってて」「私、合コン女王だったの」などの武勇伝は、自分にとっては輝かしい記憶でも、こちらに興味を持っていない男性にとってはどうでもいいことです。

    しかも男性は女性がオープン過ぎると閉口してしまうもの。色っぽい話は聞かれたときにだけ、ライトに話すくらいにしましょう。

    見た目のたしなみ3か条

    仕草はもちろんですが、ファッションなどの見た目も大事です!見た目で「怖い」と思われるのはもったいないこと。話しかけやすい雰囲気を見た目でも演出しましょう!

    8:アニマル柄は週1くらいで

    「やっぱりアニマル柄はパワー出る!」「女っぷりが上がる気がする」と人気のレオパードやダルメシアンですが、頻繁に着ていると肉食アピールのようになってしまいます。

    年下男子が「僕、ねらわれてるのかな」と怯えてしまわないように、アニマル柄は多くても週に1度程度に抑えましょう。

    9:露出はおさえめに

    露出もアニマル柄と同じで、「やる気マンマン」な雰囲気が隠しきれません。夜遊ぶときならまだしも、オフィスでは完全に浮いた存在になってしまうので要注意です。

    胸元や背中は基本的には隠して、あまりにもボディコンシャスな服は避けるようにしましょう。職場で勝負をしかけてはいけません。

    10:巻きはゆるめに

    自分の魅力をアピールしたい気持ちと巻きの強さは比例してしまいますが、男性はゆるふわのやわらかい巻き髪に触りたいのです。

    なので巻きが強めになってしまっている人は、いまどきのヘアカタログを参考にしてゆるふわ巻きに変えてみましょう。

    これで年下男子に笑顔が増えるはず?!

    「なかなか職場の年下の男の子と仲良くなれない」とお悩みの方も、この10か条を実践すれば年下男子に怖がられることはないはずです。

    女性があまりにも強いと、男性は逃げ腰になってしまうもの。男性に夢と希望を与える「大人の女性」になるために、できるところから改善していきましょう!

    (image by amanaimages1 2 3 4 5 6 7 8 9)
    (image by 写真AC)

    このライフレシピを書いた人