\ フォローしてね /

5分で缶詰が立派な丼に!ふわふわ卵のひつまぶし風の作り方

nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
ここがおすすめ
かかる手間
Image cooktime02
食べられるまで
5

編集部からのポイント

  • 家計に優しい

    缶詰と卵とマヨネーズのみで具ができる

  • 失敗なし

    味付けする必要がなく缶詰のタレでおいしく食べられる!

  • きちんとごはん

    簡単なひと手間ですぐに立派な丼ものに!

  • 材料(1人分)

    • さんまの蒲焼缶・・・1缶
    • マヨネーズ・・・大さじ1と1/2
    • 卵・・・2個
    • 温かいごはん・・・1杯

    作り方(調理時間:5分)

    1さんまをほぐす

    さんまは缶から取り出して食べやすいようにほぐしておきます。

    缶詰に残ったタレは捨てないで!
    残ったタレはあとでかけダレとして使うのでとっておいてください。

    2卵にマヨネーズを入れて溶く

    卵にマヨネーズを加えて、マヨネーズが卵になじむまで溶きます。

    マヨネーズを入れる理由
    マヨネーズを入れることでふわふわの食感になり、かば焼きの味との相性も良くなります。

    3半熟のスクランブルエッグを作る

    • 熱したフライパンに油をひき、先ほど混ぜた卵を入れる。
    • 中火~強火で一気に20秒くらいでかき混ぜ、半熟の状態ですぐ火を止める。

    4盛り付けて完成!

    • 温かいごはんの上にスクランブルエッグを乗せる。
    • その上にほぐしたさんまを乗せる。
    • 最後に缶詰の汁を全体にかけたら完成!

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。