1. 料理
    2. 手抜き料理でも美味しそうに見えるテーブルコーディネートと盛りつけ方のコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    手抜き料理でも美味しそうに見えるテーブルコーディネートと盛りつけ方のコツ

    毎日料理を作るのって、なかなか大変ですよね。

    「今日はご飯作りたくない!」と、ついつい手抜き料理や出来合いのお惣菜を食卓に並べてしまうこともあると思います。

    ただ、それがご主人やお子さんにバレてしまうとなんだか申し訳ない気持ちになりませんか?

    そこで、手抜き料理や出来合いのお惣菜だとバレずに、美味しそうな料理に見せるテーブルコーディネートと盛りつけ方をご紹介します。

    和食編

    正しい配膳にする

    和食の配膳には細かいルールがあります。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、正しい配膳位置を守ると同じ料理が少しグレードアップして見えます。

    配膳ルール

    • ご飯:左手前
    • 汁物:右手前
    • 主菜:右奥
    • 副菜:左奥
    • 副々菜:真ん中

    箸置きを使う

    お箸をお茶碗の縁に渡したり、テーブルの上にそのまま置いたりすると、食卓が貧相に見えてしまいます。箸置きを使ってきちんと箸を並べれば、高級感も演出できるし、箸がテーブルにつかないので衛生的にもいいですよね。手抜き料理のときこそ、箸置きはマストです!

    オシャレな器を使う

    オシャレな器に盛り付けることで、料理の手抜き感をごまかそうという作戦です。また、色や質感を上手く組み合わせれば、高級料亭のような雰囲気を醸し出すこともできます。

    高く盛り付ける

    中央をこんもりとさせ、山のように盛り付けると料理を美味しそうに見せることができます。揚げ物などは、立てて盛りつけて高さを出しましょう。

    ネギやゴマをかける

    上からネギやゴマをかけてアクセントをつける方法です。高く盛りつけることが難しい料理は特に、頂上を強調するようにかけましょう。色の薄い料理にはネギ、濃い料理には白ゴマというように、色のコントラストをつけてもいいですね。

    洋食編

    テーブルクロスを使う

    テーブルクロスを敷くと一気に特別感が出ますよね。色合いを工夫して食卓を華やかな雰囲気にすれば、料理の手抜きをごまかすことができます。

    花を飾る

    洋食のテーブルコーディネートでは、食卓に花を飾るのが一般的です。まるでレストランのような雰囲気になるので、むしろいつもより豪華な料理に感じるかもしれません。

    白いお皿を使う

    和食の器は、色や質感の組み合わせで高級感を出せますが、洋食の場合は白一択です。ちょっとお高いレストランは、みんな白いお皿しか使っていませんよね。サイズ違いで集めておくと、いざというとき便利です。

    余白を多めに盛り付ける

    洋食を盛り付けるときは、お皿の中央に寄せて余白を多めにしましょう。あえて無駄なスペースを作ることで高級感を演出することができます。さらに、料理の量が少なくてもごまかせるというメリットもありますよ。

    1とりあえずパセリ

    洋食のメニューにはとりあえずパセリを添えておきましょう。彩りもよくなるし、なんとなく手間がかかっているように見えます。パセリにはフサフサとしたカールドパセリや、薄く整った形のイタリアンパセリ、さらに粉末状のドライパセリもあるので、料理に合わせて上手に使い分けましょう。

    カフェ風編

    食器は木製で揃える

    皿やスプーン、フォークなど、食器をすべて木製で揃えるとそれだけでカフェ風の食卓を作ることができます。100円ショップでも本格的なものが売られているので、手に入れておきたいですね。

    ワンプレートに盛り付ける

    カフェ風ご飯の一番の特徴は、全ての料理をひとつのお皿に盛り付けることです。簡単なのにオシャレな雰囲気になるので、手抜き料理にはもっとも適した盛りつけ方かもしれません。

    ココットを活用する

    料理をココットに入れて盛りつけるとカフェっぽい雰囲気がアップします。汁物や、ソースが流れやすいものを盛り付けるときも便利です。小さめのマグカップで代用してもかわいいですね。

    ライスを型取りする

    カフェ風ご飯は、ライスも同じプレートに盛りつけます。このとき、一度お茶碗などの器で形を整えてから盛ると、カフェっぽさが一段とアップします。

    サラダと目玉焼きで埋める

    お皿に不自然な余白ができてしまったら、サラダや目玉焼きで埋めてしまいましょう。カフェご飯には、この2つが乗っていることが多いですよね。サラダも目玉焼きも作るのは簡単ですが、これがあれば手抜きには見えません。

    食卓を工夫して上手にサボろう!

    手抜き料理や出来合いのお惣菜を使っても、テーブルコーディネートや盛りつけ方で工夫すれば、ご主人やお子さんをごまかすことができます。

    面倒な家事は上手にサボって、メリハリのある生活を送りたいですね!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人