\ フォローしてね /

えっ辞めちゃったの!?と思わせないための「退職」と「退社」の使いわけポイント

「退職」と「退社」。これらはほぼ同じ意味を持つ言葉ですが、「会社を辞める」という意味のほか、退社は「会社を出て、帰る」というという意味も含んでいます。

どちらも履歴書や仕事中の電話対応にも頻繁に使われる言葉のため、その明確な違いや使いわけ方を知りたい人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「退職」と「退社」の違いについてご紹介いたします。

「退職」と「退社」

「退職」の意味

  • 勤めている職をやめること。現職をしりぞくこと。

「退社」の意味

  • 勤務している会社を辞めること。
  • その日の勤めを終えて会社から退出すること。

2つの言葉のちがい

退職には「職を辞める」という意味があります。また退社は「職を辞める」、「会社から帰る」というふたつの意味をもっています。

イメージとしては職を辞するのが「退職」、職場から帰るのが「退社」と捉えられることが多いものの、はっきりと使い分けがなされているわけではありません。

ですから、たとえば取引先に電話して「◯◯は退社しました」と言われた場合、「もう帰ってしまったのか」と捉える人と「会社を辞めてしまったのか…」と捉える人が出てくるという問題が生まれます。

こうした行き違いや誤解を生じさせないためには、どうしたらいいのでしょうか?

「退社」「退職」どう使いわけるべき?

辞めた人のことを話す場合は「退職」のみを使おう

すでに辞職した人のことを話す場合は、誤解を生む可能性のある「退社」ではなく、なるべく「退職」を使うようにしてみましょう。

相手を敬う言葉づかいは社会人として必要なものですが、ビジネスや会社間のやりとりにおいては、シンプルで間違いを生まない言葉えらびが重要になってきます。

言葉を補うことで誤解をなくそう

「退社」と「退職」を使いわけるときは、言葉を補うことが重要です。

たとえば、社外の方からすでに帰った人に電話があった場合は

「申し訳ございませんが、○○は本日退社しております」

と返しましょう。「本日」をつけることで、「帰宅した」というニュアンスをもって相手に事実を伝えることができます。

また、辞めた人に対して電話があった場合は

「申し訳ございませんが、○○は退職したため現在こちらには在籍しておりません」

と返すことが望ましいです。これであれば、余計な行き違いを起こすことなく事実のみをシンプルに相手へと伝えることができますね。

事実をきちんと伝える言葉遣いを意識しよう

今回紹介した「退社」「退職」のように、日本語には似たような意味を持つ言葉がたくさんあります。

とくにビジネスのやりとりにおいて、誤解を生むことのないように、簡潔でわかりやすい言葉選びをしていきたいですね!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。