1. 暮らし
    2. え、今から泊まりにくる!?急な来客でも10分で部屋を綺麗に見せる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    え、今から泊まりにくる!?急な来客でも10分で部屋を綺麗に見せる方法

    「終電逃しちゃって、これから泊まりに行ってもいい?」急に友だちや彼が家に泊まりに来ることになったらどうしますか?

    「やばい、服が床に散乱してるし、台所にまだ洗っていない食器もあった気がする!」なんて慌ててしまうこともあるでしょう。普段から部屋を綺麗にしていないとなかなか人は呼べないもの。

    とはいえ、「今日はちょっと…」と断りづらいときもありますよね。そこで今回は、急な来客でも外で10分間待ってもらうだけで汚部屋をマトモな部屋に見せるための裏技をご紹介します。

    10分で部屋を綺麗に見せる方法

    開かずの扉を用意しておく

    あらかじめ「絶対に誰にも開けさせない扉」を用意しておきましょう。ここはクローゼットでも押入れでも構いません。とにかく、客人には絶対に触れてはならない「開かずの扉」ということにしておいてください。

    とりあえず、客人の来る直前にその扉になんでもかんでも詰め込んでいきます。脱ぎっぱなしの服や干しっぱなしの洗濯物、机の上に出しっぱなしになっている書類やノートなどもまとめて扉へGO!このとき、人に見られたくないものも隠してしまうのが◎。扉のなかはどんなに汚くても、部屋は物が少なくなって綺麗に見えます。

    クローゼットを開けずにすむよう、来客中に使いそうなタオルや着替えは外に出しておくのがオススメです。

    大きなゴミ袋に詰め込む

    「開かずの扉にはすでに物がいっぱい!」という人は、ゴミ袋作戦にしましょう。普段ゴミ捨て用に使う大きな袋に、片付かないものをどんどん詰め込んでいってください。もちろん本当に捨てるわけではないので、燃えようが燃えなかろうが関係ありません。

    散乱しているぬいぐるみやタワーのように積み重ねられた本、食べかけの梅干しのパック、コードの絡まった充電器など見境なくゴミ袋へ投入!友だちや彼には「ゴミ捨ての日に出し忘れちゃって…てへっ」とあらかじめ申告しておけばバレません。

    物を詰め込んだゴミ袋はベランダに移動させておくことができればグッドです。

    ベランダ+カーテン隠し

    「物がありすぎてゴミ袋が破れる…!」というくらい、物で溢れかえった末期の汚部屋は、とりあえずベランダに物を追いやりましょう。最悪の場合、洗っていない食器やクローゼットやゴミ袋に入らない収納棚ごと大移動させてしまうのもあり。

    あとはカーテンを閉めて絶対に見られないよう工夫しましょう。「どうしてずっとカーテンを開けないの?」と聞かれたら「最近、ストーカーがいるみたいで…」とか「下着泥棒がいるらしくて覗かれたら嫌…」などと適当に嘘をついておけば大丈夫。

    間違っても翌朝「いい天気だねー!」とカーテンを開けないよう気をつけてくださいね。

    最低限の場所を応急処置

    あふれかえった物の処置を決めたら、最低限の場所はクリーンにしておきましょう。物がいっぱいある汚部屋もそうですが、不衛生な部屋は誰もがドン引くポイント。綺麗にしておくべき場所はこの3つ。

    • ベッド
    • キッチン
    • トイレ

    チェックポイントは「髪の毛が落ちていないか」「清潔そうに見えるか」どうかです。洗っていない食器はすぐさま洗い、トイレや浴槽は髪の毛1本もなく掃除を。また、部屋の範囲の大部分をしめる寝室やベッドは綺麗に整えておきましょう。布団をたたむくらいなら1分もかからずにできます。

    2度目はないと思おう!

    汚部屋はすぐにボロが出ます。1度はごまかせたとしても2度目はないと思いましょう。また、ふとした拍子に生活スタイルはバレてしまうもの。

    「部屋は綺麗なのに部屋着が雑巾みたいだね」「冷蔵庫のなかに賞味期限切れのものがあるよ…」なんて引かれないためにも、日頃からできるだけ綺麗な部屋をキープしておきたいですね。

    (image by amanaimages1 2)

    このライフレシピを書いた人