\ フォローしてね /

おしゃれなカフェのランチをお家でも!ツナのトマトパスタプレートの作り方

筆者はパスタが好きで、ランチによくいただきます。一口にパスタと言っても、いろいろな種類がありますが、ここでは、ひとつ趣向を変えて、パスタのワンプレートランチの作り方をご紹介します。

パスタを作りながら、ちょっとひと手間を加えると、カフェで出てきそうな、ワンプレートランチを作ることができます。

材料(2人分)

パスタ

  • パスタ:160g
  • トマト缶:1/2缶
  • ツナ缶:1缶
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:少々
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1
  • コショウ:少々

その他

  • ソーセージ:4本
  • ベビーリーフ:1/2袋
  • ドレッシング:適量
  • フランスパン:1片
ドレッシングはお好きなものをお使いください。パスタの味がしっかりしているので、さっぱりした味のものがお勧めです。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:にんにくをローストする

冷たいフライパンにオリーブオイルと、みじん切りにしたにんにく、輪切り唐辛子を入れ、弱火でじっくりとローストします。軽くきつね色になるまで、3分ほど火を通します。

STEP2:トマト缶を煮る

トマト缶を入れて、軽く混ぜ、弱めの中火で2分ほど煮込みます。

トマト缶を入れたら、パスタを茹で始めます。パスタを茹でている間に、ソースを完成させます。

STEP3:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP4:ツナ缶を入れる

ツナ缶をフライパンに入れます。

軽く和えて、弱めの中火で3分ほど煮込みます。最後に、コショウで味を調整してください。

ソースが煮詰まり過ぎたら、茹で汁を足して調整してください。

STEP5:ソーセージを茹でる

パスタを茹でている鍋で、ソーセージを茹でます。茹で時間は、ソーセージを袋に書いてある通りの時間です。パスタの茹で上がる時間に合わせて茹で上がるように入れてください。

STEP6:パスタとソースを和える

パスタが茹で上がったらフライパンに移します。ソーセージは、小皿などに取り分けておきます。

オリーブオイル少々と茹で汁お玉1杯を入れます。中火にかけながら菜箸かトングで激しく混ぜ、ソースとパスタを和えます。

STEP7:出来上がり

お皿にパスタを盛り付け、脇にソーセージ、パン、ベビーリーフをのせたら出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

パスタを茹でるお湯にはしっかりと塩を利かせます。パスタの方に塩味をつけることで、ソースの方には塩を足す必要がありません。

ツナ缶は、油を切らずに使います。浸けてある油にはツナの風味が移っているので、味付けとして使います。

おわりに

パスタのソースは、ツナの旨みがたっぷりと含まれているので、パンにつけて食べても美味しいです。簡単に作ることができますので、是非、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。