1. 料理
    2. 子どもも取り合う!お鍋で美味しい「スイートポテト風おやつ」のレシピ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもも取り合う!お鍋で美味しい「スイートポテト風おやつ」のレシピ

    サツマイモでつくるスイートポテトは、材料も安価で挑戦したくなりますよね。でも、初めてつくる!という方にはちょっとハードルが高いかもしれません。難しそうだから…と諦めていた方に、ぜひ試してほしいレシピがこれです!

    レンジもオーブンもトースターも使わず、鍋だけでつくれるスイートポテトもどき。サツマイモを潰す必要もないから、余計な手間もかかりません。大学芋を作るような感覚でつくれちゃうスイーツレシピです。

    ここでは、子どもが取り合う、簡単で美味しいさつま芋の「スイートポテト風おやつ」をご紹介します!

    材料(2~3人分)

    • さつま芋:350g
    • 水:100cc
    • 砂糖:大さじ1/2
    • バター:20g

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:さつま芋を切ってなべにいれる

    よく洗ったさつま芋を1cmくらいの輪切りにします。大きなものは半月切りにします。切ったさつま芋は重ならないようになべに並べます。

    STEP2:なべに水を入れ、砂糖を入れる

    水はさつま芋の高さの1/3程度です。ホクホクにしたいので入れ過ぎない様に注意しましょう。

    STEP3:さつま芋を煮る

    なべに蓋をして中火で3~4分、水がなくなる直前まで煮てから火を止めます。この時、焦がさないように十分注意して下さい。

    さつま芋によって火が通りやすいものとそうでないものがあります。火が通りにくい様でしたら、水を加えて時間を調整して下さい。

    STEP4:さつま芋をホクホクに蒸らしバターで仕上げる

    火を止めたら蓋をしたまま3分、余熱でさつま芋がホクホクするまで放置します。完全に火が通ったらバターを入れてもう一度蓋をしましょう。バターを溶かして馴染ませます。

    STEP5:完成!

    バターが溶けて馴染んだら出来上がりです。お皿に盛り付けて完成です。

    作り方のコツ

    ここでは紫芋を使っていますが、普通のさつま芋でも美味しさは同じです。普通のさつま芋の方が火が通りにくいかもしれません。初めは調整しながら作って見てください。

    バターを入れることでスイートポテトのようになります。簡単なのに子ども達が取り合うほど美味しいです。ぜひぜひ作ってみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人