\ フォローしてね /

30分前でもOK?国内線の空港に何分前に到着しておけばいいかの目安

飛行機の国内線を利用する際に、何分前までに搭乗手続きを済ませておくべきかご存じでしょうか?余裕をもって早めにチケットを手にしておきたいところですが、電車やモノレールが遅れてぎりぎりになることもありますよね。関空や羽田など、それぞれの空港のどこに航空会社の手続きカウンターがあるかにもよりますが、最低でも30分はかかるため、それを把握した上で準備しておくがベストです。空港で焦る前に、手続きの手順と時間の目安を事前にチェックしておきましょう!

「国内線を使うとき、搭乗何分前に空港へ行ったらいいの?」という疑問、飛行機を利用する誰もが抱えるのではないでしょうか。「到着時間を間違えて飛行機に乗れなかった……。」なんて事態、絶対に陥りたくないですよね。

そこでこの記事では、「国内線を使うとき空港に着いてから搭乗するまでにどれくらい時間がかかるのか」を踏まえながら、「国内線の空港へは、何分前に着けばいいか」の目安をご紹介します。

空港に着いてから航空機に搭乗するまでの流れ

STEP1:航空会社カウンターへ向かう

空港に着いたらまず、航空会社カウンターへ向かいます。空港は広いので、自分の乗る便を取り扱うカウンターを探すのは少々時間がかかります。

特に、LCCなど規模の小さい航空会社は、空港内でも端の方にカウンターがあります。空港に入ってからカウンターに到着するまでかなり時間がかかることもあるので、要注意です。

事前に空港のサイトなどでカウンターの位置をチェックしておくと安心ですね。

STEP2:搭乗手続き

航空会社カウンターで搭乗手続き(チェックイン)を済ませます。大きな荷物を預ける場合は、このときに預けます。

便によっては大変混雑するので、搭乗手続きには時間がかかると思っておいた方がいいかもしれません。曜日や時間帯によって混雑具合は変わります。

空港や航空会社によっては、混雑時間帯を自社サイトで掲示しています。事前に、自分の乗る便が混雑しそうか、確認しておくといいですね。

STEP3:出発ロビーへ向かう・保安検査(手荷物検査)を受ける

搭乗手続き(チェックイン)が終わったら、出発ロビーへ向かいます。出発ロビーへ向かう際、途中で保安検査(手荷物検査)を受けます。

保安検査(手荷物検査)も時間帯によって混雑状況が変わります。

出発ロビーには、お土産販売所や飲食店、ドラッグストアなどがあります。飛行機に乗る前に、以下のことをしたい場合などは、早めに空港に着いておくことを心がけましょう!

  • お土産や旅行グッズなどのお土産を探す
  • ご飯を食べる
  • トイレに行く
  • タバコを吸う

STEP4:搭乗口へ向かう

航空券に記載されている搭乗口へ向かいます。

あらかじめ搭乗口の近くにいることをおすすめします。
搭乗口は変更される場合があるので、発着案内掲示板も確認しておきましょう。

STEP5:搭乗する

航空会社スタッフの案内のもと搭乗します。

空港に到着しておくべき時間(国内線の場合)

「30~40分前」でギリギリ。「1時間以上前」が安心!

国内線を使う場合、空港で何をしたいかにもよりますが、最低30分前から40分前には着いていたいところです。

少し余裕を持ちたいときや混雑しそうなときは1時間前を目安にします。

上記の時間に、ご飯を食べたりお土産を選んだりする時間をプラスして考えるのが、ベストなのではないでしょうか。

理由

航空会社によって多少の違いはありますが、国内の航空会社では概ね以下のような規定をさだめています。

  • 保安検査場(手荷物検査場)を15~20分前までに通過する
  • 搭乗口に10~15分前までに着く

つまり、規定上では、最低でも保安検査場を15~20分前までに通過できなければ「飛行機に乗れない」ということです。

空港に着いてから行う手続きや移動、保安検査、買い物や食事などのことを加味すると、「30~40分前でギリギリ間に合うか間に合わないか」、「1時間以上前なら余裕が持てる」という目安がよさそうです。

早く着けば空港内を楽しめる!

仕方なくギリギリでしか空港に着けないという場合もありますが、乗り遅れたときのことを考えるとリスクが高いですよね。できるだけ早めに行くことを心がけましょう。

最近では、全国的に空港ロビー内の施設が充実してきていますし、展望デッキで飛行機を眺めたり、夜景を見たりすることもできます。早めに到着しても、空港内で楽しめますよ。何事も早めの行動が吉ですよね!

(image by amanaimages 1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。