\ フォローしてね /

秋を満喫!秋鮭のクリームパスタの作り方

時折、暑い日があったりしますが、季節はすっかりと秋になり、スーパーにも秋鮭が並ぶようになりました。そこでここでは、秋鮭を使った定番料理のひとつである、クリームパスタの作り方をご紹介したいと思います。

同じく秋に旬を迎えるしめじも使って、秋を満喫できるパスタですよ。

材料(1人分)

  • 秋鮭:1切れ
  • しめじ:1/2パック
  • アスパラ:3~4本
  • 生クリーム:100ml
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:大さじ1
  • コショウ:適宜
  • パスタ:100g
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:材料の下ごしらえ

アスパラの根元を切り落とし、固い皮をピーラーでむいて、茎の部分を斜めの薄切りにします。

しめじの石突きを取って、小房に分けます。

秋鮭の皮を切り落とし、適当な大きさに切り分けます。塩・コショウで、軽く下味をつけます。

骨があるようでしたら、取り除いてください。

STEP2:材料を炒める

フライパンを強火で熱し、オリーブオイルを少々温め、秋鮭、しめじ、アスパラの茎を入れます。強火で1分ほど、さっと炒めます。秋鮭の半量ほどを、菜箸で軽くほぐします。

この後の手順でも火を通しますので、鮭が菜箸でほぐれる程度に火が通っていれば十分です。

STEP3:にんにくを炒める

材料をわきに寄せて、オリーブオイルを足し、にんにくを入れます。弱火で、にんにくが軽いきつね色になるまで、2分ほど炒めます。

STEP4:生クリームを入れる

生クリームを入れます。

弱火で、ひと煮立ちするまで火を通します。ひと煮立ちしたら火を切って、コショウで味を調えます。

STEP5:パスタを茹でる

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP6:アスパラを茹でる

パスタの茹で上がり1分前になったら、アスパラの穂先を入れます。フライパンに火を点け、パスタの茹で上がりに合わせて、弱火で温めます。

STEP7:パスタを入れる

パスタとアスパラをフライパンに移します。

STEP8:パスタを和える

オリーブオイルを少々と、パスタの茹で汁をお玉半分ほど入れて、弱めの中火にかけて、30秒ほど菜箸かトングで激しく混ぜます。

水気を飛ばしすぎると、クリームが固くなってしまうので、汁気が残った状態で出来上がりです。

STEP9:出来上がり!

お皿によそって出来上がりです。お好みで、粗挽き黒胡椒を振ってください。

作り方のコツ

生クリームに火を通しすぎると、分離してしまうので、生クリームを入れた後は終始、弱火で調理してください。

時間的には、パスタを茹でながらソースを作ることができると思いますが、火加減を気にするところが多いので、先にソースを作ってからパスタを茹でたほうが、失敗が少ないと思います。

おわりに

今年の秋は葉物野菜の値段が高いですが、冷凍の枝豆やブロッコリーでも良いので、何か緑色が映える野菜を合わせると、見た目にもきれいです。

キノコは、しめじだけではなく、シイタケやヒラタケなどを使っても美味しいです。簡単に作れますので、ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。