1. 暮らし
    2. 部屋探しの前に!信頼できる不動産屋の選び方(接客対応編)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    部屋探しの前に!信頼できる不動産屋の選び方(接客対応編)

    賃貸物件のお部屋探しでは、不動産屋選びも重要ポイントの1つです。不動産屋によって、対応の良し悪しは結構違います。親身になってくれる不動産屋で、スムーズに部屋探し~契約まで進めたいですよね。

    今回は、信頼できる不動産屋を見極める2つのポイント(接客対応編)をお教えし」ます!

    本記事は、掘り出し物件.comのご協力により、2014年に執筆されたものです。

    1:訪問時の接客態度をチェック!

    いざ直接訪問した際の接客対応をチェックしましょう。

    よい対応

    • 入店したらすぐに「いらっしゃいませ」と声をかけ案内してくれる。
    • 他の接客で忙しい時でも先客に一声かけてからこちらの席を用意してくれる。
    • 事前に電話やメールで伝えておいた希望に近い物件をあらかじめ用意して紹介してくれる。
    • ささいな質問や希望にもていねいに受け答えしてくれる。

    悪い対応

    • 入店しても声をかけられるどころか目を合わせようとしない。
    • 電話がかかってきても誰も対応しようとせずいつまでも鳴りっぱなし。
    • パソコンやファイルばかり見ていて延々と待たせる。
    • 事前予約したにも関わらず訪問してから物件を探したり書類を用意したりする。
    訪問前に電話・メールで問い合わせをした際の対応の丁寧さや返信の速さなどでも、ある程度接客レベルが把握できます。来店予約ばかりを取り付けようとする不動産屋には注意!

    2:部屋を内覧するときの対応をチェック!

    お部屋の内覧時にも不動産屋の対応はチェックしたいものです。

    よい対応

    • 内覧に向かいながら駅からの道のり・近道・周辺の環境などについて教えてくれる。
    • 余裕のあるスケジュールを取りゆっくりと内覧させてくれる。
    • 部屋の良い点のアピールだけではなく悪い点も隠さずに教えてくれる。

    悪い対応

    • 部屋の鍵だけ渡され、内覧に立ち会ってくれない。
    • 内覧時にクローゼットやキッチンシンクなどを細部までチェックすると嫌な顔をする。
    • 質問などをしても曖昧な答えしか返さない。
    • 次の予定があるなどの理由で内覧を急かす。
    筆者が部屋探しをしている時、内覧の行き帰りでそれぞれ駅から別々のルートを通り「駅からの道順が2種類あるんですよ。こっちは少し遠いけど夜でも明るいから安全で、もう一方は近道で…」と教えてくれた不動産屋さんがとても好印象でした!

    おわりに

    「数ヶ月かかっても、不動産屋さんが根気強く部屋を探してくれて、今の部屋に出会えた」「不動産会社の対応が親切だったから、この部屋に決めた」という声は少なくありません。

    契約解除までお付き合いすることもありますので、不動産屋は慎重に見極めることをおすすめします。

    (image by amanaimages 1 2 3)

    このライフレシピを書いた人