\ フォローしてね /

そもそもハロウィンって何を祝うの?10月31日までに知っておきたいハロウィンの基礎知識

本来日本にはなじみのなかったハロウィンですが、近年は季節のイベントの1つとして楽しむ人も多くなってきましたよね。10月31日の渋谷と言えば、仮装した若者たちがどんちゃん騒ぎをして楽しんでいる様子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

でも、そもそもハロウィンって何を祝う日で、どんな意味があるのか知っているでしょうか?その場に行ってなんとなく楽しむだけではなく、由来や語源などを知ってからハロウィンイベントに参加する方がずっと面白いはずです。ハロウィンに関する基礎知識を学んでおきましょう!

そもそもハロウィンって何を祝うの?

ハロウィンのそもそも

そもそもハロウィンはヨーロッパに住むケルト人が行っていた、秋の収穫を祝って悪魔を追い払うための宗教的な行事でした。この行事が移民とともにアメリカへ渡ったのですが、子どもたちにとってはとても怖い行事だったようで、子供でも楽しむことができるようにだんだん変わっていきました。そうした中で宗教的な色も薄くなっていって、誰もが楽しむことができる今のハロウィンの形になったのです。

ハロウィンは日本でいうとお盆にあたる行事で、キリスト教の「万聖節」の前夜祭になります。万聖節とは亡き聖人や殉教者たちを祭るカトリックの行事で、11月1日に行われます。もともと紀元前5世紀頃のケルト民族の暦では、11月1日は新年、10月31日は大晦日とされていました。それが歴史とともに形を変え、日本で言うお盆と大晦日を一緒にお祝いするような風習が広まり、今では10月31日がハロウィンとされています。

「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow's Eve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになったようです。

どうして仮装するのか

ハロウィンは死者の魂がこの世に戻ってくる日です。しかし日本のお盆と違うのは、同時に「悪霊」や「魔物」も入ってきてしまうと考えられていたことです。そのため、人々はお化けなどに仮装をすることで、自分たちも魔物の仲間だと思わせたり、魔物を驚かせたりして、魔物をから身を守ろうとしました。これが仮装の起源です。

ハロウィンの本場はどうなってるの

本場・欧米のハロウィンは、社会全体で参加するイベントになっています。学校では、ハロウィン・デイとして、朝から夕方まで一日中お化けの格好をして普通に授業をしているそうです。教師たちも仮装をして学校に来ます。ドラキュラになった先生や、魔女の先生がいたら、とっても楽しそうですね!

トリック・オア・トリートとは

ハロウィンの合言葉

ハロウィン当日の10月31日、夕方頃に子どもたちはそれぞれお化けの格好をして近所の家々を回ります。そしてお決まりの言葉はもちろん、「Trick or Treat!(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」これを聞いた大人たちは用意していたお菓子を渡し、「Happy Halloween!」と言ってさよならをします。

由来

このトリック・オア・トリートの習慣には、「souling(ソウリング)」というヨーロッパの習慣が影響していると言われています。

ソウリングとは、諸聖人の日の翌日である死者の日(All Souls' Day)に、仮面を被った子どもたちが、さまよえる霊魂たちのために、「ソウル・ケーキ」という干しぶどう入りの四角いパンを乞いながら渡り歩くといった風習です。ごちそうが何も差し出されないと、物乞い人や霊たちは、いたずらをしました。この習慣が今の「Trick or Treat」の元となっているようです。

日本のハロウィン

日本では本来、ハロウィンをお祝いする習慣は全くありませんでした。

ところがここ数年、日本でも急激にハロウィンイベントの人気が高まりつつあり、渋谷、六本木などではものすごい数の人々が仮装をして集まる、仮装パレード状態が毎年恒例になりつつあります。

その理由としては、東京ディズニーランドやUSJなどの人気テーマパークでのハロウィンイベントの恒例化や、コスプレ文化の浸透などが考えられそうですね。何にしろ、楽しいイベントが1つ増えるのは嬉しいことではないでしょうか!

ハロウィングッズはお早めに!

ハロウィングッズは時期になると店頭に並び始めますが、そのくらいだと「まだ余裕あるから」と準備を怠っていると、直前になって焦る羽目に。ハロウィンは年に一度しか訪れないので、しっかり準備をして楽しみましょう!

部屋の装飾などに関しては、翌年使えるものもあると思うので少しいいものを買ってみてもいいかもしれません。

楽しんだもの勝ち!ハロウィン

あまり馴染みのないイベントとして敬遠する人もいるかもしれませんが、ハロウィンは楽しんだもの勝ち。ハロウィンパーティーをするも良し、コスプレして街を練り歩くも良し、カボチャ料理を堪能するも良し!

季節のイベントの1つとして、家族と、恋人と、友達と、いろんな楽しみ方にチャレンジしてみることをおすすめします。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。