\ フォローしてね /

しっとり美味しい!里芋を使ったタラモサラダの作り方

「タラモサラダ」といえば、じゃが芋とタラコのサラダと思われがちですが、里芋を使っても美味しく作れるのをご存知ですか?

しっとりとした食感でひと味違う、旬の里芋を使ったタラモサラダの作り方のご紹介です。

材料(2人分)

  • 里芋(小ぶりのもの)・・・7〜10個
  • タラコ・・・1/2腹
  • 青ネギ・・・1本
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • 塩、コショウ・・・少々

作り方(調理時間:約20分)

STEP1:里芋の下ごしらえをする

水をはったボウルと流水で里芋を水洗いし、泥を落とします。

里芋同士をこすり合わせるように洗うと、簡単に泥が落ちます。

STEP2:里芋の皮をむく

里芋の皮をむいていきます。皮に近い部分は固いので、少し厚めにむくほうが良いです。

ぬめりが気になる場合は、むいた里芋に少量の塩を振り、よく揉んでから流水で流すとキレイに落ちます。

STEP3:里芋を茹でる

鍋に里芋とかぶるくらいの水を入れて火にかけます。煮立ったら中火にして、里芋が柔らかくなるまで10分程度茹でていきます。

柔らかくなったらザルに上げ、冷ましておきます。

STEP4:タラコと青ネギの下ごしらえをする

包丁の背の部分を使って、扱くようにタラコの皮を取り除いていきます。青ネギは小口切りにしておきます。

STEP5:調味料で和える

ボウルに里芋とマヨネーズ、タラコを入れて和えます。味をみて、塩・コショウで調えていきます。

タラコは物により塩加減が異なりますので、塩・コショウは必ず味見してから入れてください。

STEP6:お皿に盛りつけて完成!

お皿に盛りつけたら彩りに青ネギを散らして、完成です。

作り方のコツ

マヨネーズの量はお好みで調節してください。また、少量のワサビを加えてもおいしいですよ。

今回はタラコを使用しましたが、明太子で作るのも辛味がついてオススメです!

おわりに

煮物やけんちん汁の具など和食のイメージが強い里芋ですが、意外と洋食にも馴染む、便利な食材なんです!

この秋は洋風メニューにチャレンジして、里芋料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか?

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。