\ フォローしてね /

ちょい足しするだけで美味しくなる!自宅でできる簡単コーヒーレシピ

いつものコーヒーをさらに美味しく飲むためのアレンジレシピです。はちみつからキャラメル、チョコといったすでに美味しさを想像しやすいものから、塩やあんこ、ジャム、ラムレーズンといったちょっと意外なものまで、家庭にある身近なものをちょい足しするだけで、一気に世界を広げることができます。苦いコーヒーに合うのは、甘いものだけではありません。また「ベトナムコーヒー」「アフォガート」の作り方も合わせてご紹介。気分次第で色々とお試しください。
nanapi
  • 多彩なチョイス

    身近な食材を加えるだけでコーヒーの楽しみが広がる!

  • こんなときに!

    気分転換したいときやいつものコーヒーに飽きたとき

  • ポイント

    塩味、酸味、口当たり、冷たさなど意外性を楽しもう!

湯気とともに広がる香り。口に含んだ瞬間に広がる苦みと酸味。コーヒーは世界中で人々を惹きつけて止みません。コーヒーを毎日飲んでいる、という方も多いですよね。

また、いろんな飲み方が楽しめるのも魅力のひとつ。コーヒーに入れるものといえば、砂糖かミルクがメジャーですが、実はおうちにあるものでコーヒーの世界を一気に広げることができるのです。

いつも飲んでるコーヒーを、ちょっとアレンジするだけでぐっと味が変わります。ここでは、おうちで簡単にできるコーヒーのアレンジレシピをご紹介します!

ちょい足しアイテムその1:塩

塩をいれるとコーヒーに深みが出て、味がマイルドになります。コーヒーに塩、と聞くとしょっぱくなって美味しくなさそうな感じがしますが、ひとつまみの塩はコーヒーの味を引き立て、より美味しくしてくれるのです。

ひとつまみ、がポイントです。

ちょい足しアイテムその2:はちみつ

コーヒーにはちみつを入れると、砂糖よりもまろやかな甘みになります。はちみつを置いているカフェも多いので、ぜひ試してみてください。

ちょい足しアイテムその3:キャラメル

キャラメルもコーヒーを甘くしたいときにオススメの組み合わせです。キャラメルの風味が広がります。

あつあつのコーヒーなら固形のキャラメルをそのまま混ぜてもOKですが、レンジで溶かしてから入れる、もしくはキャラメルソースを使うのが良いでしょう。

ちょい足しアイテムその4:マシュマロ

コーヒーにはマシュマロも合います。熱いコーヒーに溶かすと、表面にしゅわっと泡のフォームができ、不思議な口触りと甘さを楽しむことができます。

マシュマロが溶けにくいときはマドラーやスプーンを使ってかき混ぜましょう。

ちょい足しアイテムその5:板チョコ

チョコレートもコーヒーにマッチします。カフェモカのようなコクのある味わいになるのでおすすめです。

ちょい足しアイテムその6:あんこ

意外な組み合わせですが、あんことコーヒーを組み合わせるのもOKです。控えめな甘さの和風コーヒーに仕上がります。

ちょい足しアイテムその7:リンゴジャム

フルーツとコーヒーの相性も抜群です。その中でもリンゴはよく合います。リンゴジャムをコーヒーに入れると、リンゴの香りと優しい甘みが広がってとても美味しいです。

ちょい足しアイテムその8:マーマレードジャム

マーマレードジャムもオススメです。柑橘の酸味と甘さが引き立ちます。リラックスしたいときにピッタリな組み合わせです。

ちょい足しアイテムその9:ラムレーズン

ラムレーズンをコーヒーに入れると、レーズンに染み込んだラム酒の味が広がる「大人のコーヒー」に仕上がります。食感を楽しめる2度美味しい組み合わせです。

ちょい足しレシピ: 練乳で「ベトナムコーヒー」

ベトナムではフランス式のコーヒーフィルターで抽出した濃いめのコーヒーに練乳(コンデンスミルク)を合わせて飲むスタイルが一般的です。

お家で作る場合は、まずコーヒーカップに練乳を入れて、そこに苦めのコーヒーを入れて作ります。

飲むときは最初から混ぜて飲むのではなく、最初にコーヒーの苦みを堪能してから甘い部分を味わうと、甘みと苦みのコントラストを楽しめるのでオススメです。

ちょい足しレシピ:バニラアイスで「アフォガート」

インスタントコーヒーを使って、コンビニアイスを劇的に美味しくすることができます。これはイタリアのスイーツ「アフォガート」というもので、バニラのアイスに少量のコーヒーをかけて味わうデザートです。

作り方は簡単です。市販のインスタントコーヒーを同量のお湯で溶き、コンビニのバニラアイスにかけるだけでできあがり。甘いアイスと濃厚すぎるコーヒーが何とも言えない味を引き出します。

コーヒーは苦すぎるくらいがちょうど良いです。

たったひと手間で広がるコーヒーの世界

毎日飲むコーヒーでも、ちょっとアレンジをするだけで普段とは全く違った楽しみ方ができます。

しかも、どれも家にあるものでできるので、気が向いたときに出来ますよ。

いつものコーヒーに飽きたかも?と思ったときに試してみてくださいね。

Twitterで紹介!

Twitterモーメントで紹介!

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。