\ フォローしてね /

放っておけば完成しちゃう!?ドライポプリの作り方

結婚式や送別会など、お花をもらう機会ってけっこうありますよね。ただ、せっかくのお花も数日間花瓶に飾った後は捨ててしまう人がほとんどでは?

そこでおすすめしたいのが、ポプリ作りです。ポプリといえば花や葉を使った芳香剤の一種で、主に材料を乾燥させて作る「ドライポプリ」を指します。

乾燥・熟成の工程があるだけに時間はかかりますが、作業手順は少なく、作り方は案外簡単です。さらに、もらった花ならば元手をほぼかけずに作ることができますね。

そこでこの記事では簡単なポプリの作り方をご紹介します。

本記事は、CHINTAI情報局により、2014年に執筆されたものです。

材料

  • 花&葉…1カップ程度
  • カゴ(新聞紙でも可)…1つ
  • エッセンシャルオイル(アロマオイルでも可)…1~2滴
  • 密閉できる袋(ガラス瓶でも可)…1つ

作り方

STEP1:花と葉を乾燥させる

花と葉を取り分け、カゴに入れて乾燥させます。季節により異なりますが、7~10日程度が目安です。

STEP2:オイルをなじませる

STEP1で乾燥したものを袋に入れてエッセンシャルオイルをたらし、袋の上からオイルが全体に行きわたるようなじませます。

STEP3: 熟成させる

袋を密閉したら暗所に2~3週間程度置き、熟成させます。

STEP4: 好みの容器に飾れば完成!

注意点

STEP1で完全に乾燥させる

少しでも水分が残っていると腐る原因になってしまいます。不安であれば乾燥期間を延ばしてみましょう。

ホコリがつかないように注意

花や葉を新聞紙の上に1枚ずつ並べればより確実に乾燥させることができますが、この場合ホコリがかぶりやすいので注意が必要です。

気軽にポプリ作りを楽しもう!

ちなみに筆者は、乾燥期間10日熟成期間2週間で挑戦。試しに1つだけ花びらを分解しない状態で乾燥させたところ、飾った容器のなかでいいアクセントになっています。

玄関を開けた瞬間、かすかに漂う香りは格別。部屋に訪れた友人からも好評です。

これからの季節は空気が乾燥しはじめ、ポプリ作りにうってつけともいえます。花を手に入れた際は、ぜひとも挑戦してみてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。