\ フォローしてね /

秋の味覚をたっぷりいただく!塩昆布を使った炊き込みご飯の作り方

塩昆布はそのまま食べても美味しいですし、料理にも使える便利な食材です。今回はそんな塩昆布で味付けをした、炊き込みご飯の作り方をご紹介したいと思います。秋の味覚であるきのこをたっぷり入れて、食欲の秋を楽しみましょう!

材料(お米4合分)

  • 塩昆布:1袋(写真のものは26g)
  • ニンジン:1/2本
  • 油揚げ:1枚
  • しめじ:2袋
  • しょう油:大さじ1
  • 料理酒:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • お米:4合
材料はお米4合分で記載していますので、お米の量に応じて調整してください。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:材料を切る

ニンジンと油抜きした油揚げは短冊に切り、長さを揃えます。しめじは石づきを切り落としてほぐします。

STEP2:塩昆布をお米に混ぜる

研いだお米を炊飯器に入れ、しょう油・料理酒・みりんを加えた上で目盛りまで水を加えます。その後に塩昆布を入れてよく混ぜます。

STEP3:炊飯器で炊く

ニンジン・油揚げ・しめじをお釜の上に敷き詰めます。お米と混ぜる必要はありません。その後に炊飯器のスイッチを入れます。

炊き上がったら完成です。

おわりに

材料を加えて炊くだけの簡単な炊き込みご飯です。具材を変えていろいろとアレンジもできます。

塩昆布だけでも味が付きますが、少しの調味料を加えることでおこげもできますよ。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。