\ フォローしてね /

少ない材料でも絶品!豚バラ肉と里芋の甘辛煮の作り方

豚バラ肉と里芋の甘辛煮の作り方をご紹介します。少ない材料で、素材の味を最大限に活かしたレシピです!

里芋の煮ころがしと同じ味付けですが、カリカリに炒めた豚バラ肉のコクでメインおかずになります!汁気を完全に煮詰めずに、しっとり仕上げていますのでご飯のおかずに最適です。

必要な食材(2人分)

材料

  • 里芋・・・200g
  • 豚バラ肉・・・120g

タレ

  • しょう油・・・1/4カップ
  • みりん・・・1/4カップ
  • 水・・・1/2カップ

作り方(調理時間:30分)

STEP1:里芋の下ごしらえ

里芋の皮を剥き、食べやすい大きさに切ります。

里芋をシリコンスチーマーに入れて(耐熱容器でも大丈夫です)電子レンジ500wで、5分程度加熱しましょう。竹串がすっと通るくらいが目安です。

好みですが、濃いめの味付けにしますので、あまり小さく切りすぎ無い方が里芋の風味が味わえます。

STEP2:豚バラ肉をカリカリに炒める

豚バラ肉を大きめの一口大に切り、テフロン加工のフライパンを熱して、中火でカリカリになるまで炒めます。

豚肉の油をキッチンペーパーで拭きながら炒めると、豚バラ肉がカリカリになり、仕上がりがヘルシーです。

豚バラ肉から油がたくさん出るので、油はなくて大丈夫です。テフロン加工ではない場合は少量油をひき、焦げない様に注意してください。

STEP3:里芋と豚バラ肉を煮汁で煮込む

しょう油、みりん、水を混ぜ合わせ、豚バラ肉を炒めたフライパンに里芋と一緒に入れて、弱めの中火で煮込みます。

時々煮汁を里芋にまわしかけながら、煮汁にとろみが出て少なくなってきたら火を止めてください。

STEP4:完成!

盛りつけて完成です!

作り方のコツ

豚バラ肉の油をキッチンペーパーで拭きとりながらカリカリに炒めるひと手間で、里芋にコクが出てヘルシーな仕上がりになります。

今回は木の芽を飾りましたが、針しょうがや、万能ネギを刻んで添えても美味しく頂けます!

おわりに

このレシピは暮らしの手帳に掲載されていた記事を参考に作ったものが、筆者宅の定番料理になったものです。

ぜひ参考にしてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。