1. 料理
    2. お肉がサッパリ食べられる!大人のBBQに喜ばれるフレッシュサルサソースの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お肉がサッパリ食べられる!大人のBBQに喜ばれるフレッシュサルサソースの作り方

    バーベキューのお肉や魚介類にも良く合う、サッパリとしたフレッシュサルサソースの作り方をご紹介します。

    筆者のバーベキュー体験

    筆者は会社員時代、同僚とバーベキューをすることがよくあったのですが、1人1品持ち寄るのがルールでした。筆者が持参した中で特に喜ばれたのがこちらのレシピです。

    紹介する料理について

    美味しいお肉はバーベキューの醍醐味ですが、大量のお肉に後半飽きてしまうのも良くあること。そんな時にサラダや漬物を持参すると喜ばれますよね。

    こちらのレシピでしたら爽やかな酸味と辛味でお肉の味をガラッと変えられますし、焼き野菜にのせればサラダ替わりにも!周りともかぶりにくいのでオススメです。

    材料(500mlのタッパー1個分)

    • トマト・・・1個
    • ピーマン・・・1個
    • 玉ねぎ・・・1/8個
    • イタリアンパセリ・・・小分けパック1袋
    • にんにく・・・1片
    • ライム・・・1/4個
    • 塩・・・小さじ1/2
    • コショウ・・・少々
    • ハラペーニョソースまたはタバスコ・・・お好み(辛くする場合)

    作り方(調理時間:約10分)

    STEP1:材料を切る

    トマトを横半分に切ってからスプーンで種を取り除き、1.5cm程度の角切りにしておきます。

    ピーマン・玉ねぎ・にんにくは、それぞれ細かくみじん切りにします。

    玉ねぎの辛味が気になる方は、5分程度水にさらして下さい。

    イタリアンパセリは葉の部分だけを使いますので、葉を千切ってみじん切りにします。

    STEP2:材料を混ぜ、味付けをする

    ボウルへ切った材料を全て入れてライムを絞り、塩・コショウで味を調えます。

    辛くする場合は、味をみながらハラペーニョやタバスコ等を加えて下さい。

    今回はタバスコの1/5の辛さで、爽やかな酸味が特徴のハラペーニョソースを使用してみました。

    STEP3:完成

    タッパー等に詰めて、完成です!

    持ち運び方

    汁もれしないようシッカリと蓋の閉まる容器に入れて下さい。

    筆者は写真のジップロックスクリューを愛用しています!蓋が回して閉められるので、汁もれしにくくオススメです。

    取り分け用のフォークやスプーンと一緒にランチクロス等に包んで、保冷バックに入れて持参すると良いと思います。

    夏場は念のために保冷剤も入れて下さいね。

    作り方のコツ・注意点

    今回使用した野菜の他に、セロリやパプリカ等の冷蔵庫にある野菜を加えても美味しいと思います。クセの強い野菜はなるべく細かく刻むか水にさらすとよく馴染みます。

    大人向けのレシピですが、ニンニクや玉ねぎを控えてハラペーニョの代わりにケチャップを加えれば、お子様向けにもなりますよ。

    召し上がり方

    サッパリとしてシンプルなソースなので、牛肉や豚肉・ソーセージ等の肉類や、魚介類にも良く合います。

    その他、お家での簡単なランチにホットドッグのトッピングにしたり、タコミートと合わせて自家製タコライス等、色々使える万能ソースですので是非試してみて下さいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人