\ フォローしてね /

味付けは塩昆布だけ!鮭の塩昆布ホイル焼きの作り方

塩昆布は、それだけで味のバランスが取れていて、炊き込みご飯や炒めものなど、いろいろな場面で活躍する万能調味料です。

ここでは、塩昆布で即席の昆布締めにした秋鮭を、ホイル焼きにしてみました。

材料(1人分)

  • 鮭の切り身:1個
  • じゃがいも:1/2個
  • しめじ:1/3パック程度
  • 塩昆布:大さじ1程度
鮭の切り身は、塩漬けしていないものを使ってください。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:じゃがいもを切る

じゃがいもの皮をむいて、3~4mm程度の半月切りにします。

STEP2:塩昆布でマリネする

ビニール袋にじゃがいもを敷き、塩昆布の半量を散らします。

鮭の切り身の水気をキッチンペーパーで取り、じゃがいもの上に乗せて、残りの塩昆布を散らします。

空気を抜いてくるんで、冷蔵庫で30分から1時間ほど寝かせます。

STEP3:アルミホイルに包んで焼く

アルミホイルにバターかオリーブオイルを少し塗って、STEP2の中身を、じゃがいもを下にして、アルミホイルに乗せます。

石突きを取ったしめじを小房に分けて、散らします。

アルミホイルを閉じます。

オーブントースターで、10~15分ほど焼きます。

STEP4:出来上がり

鮭の中まで火が通ったら出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

塩昆布には塩気がありますので、鮭の切り身は塩漬けにしていないものを使ってください。

おわりに

昆布の味が染みたお魚も美味しいのですが、下に敷いたじゃがいもと、それに染みた昆布の味がとても美味しいです。簡単に作ることができますので、是非、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。