1. 暮らし
    2. 何も考えずに食べてない?覚えておきたい鏡餅の基礎知識と飾り方のポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    何も考えずに食べてない?覚えておきたい鏡餅の基礎知識と飾り方のポイント

    お正月になると各家庭に飾られる縁起物の鏡餅。お正月飾りのひとつでありながら、ほかのものとは違って「食べて処分できる」のが嬉しいですよね。

    ところで鏡餅の上にはどうしてみかんが乗せられているのでしょうか?また、いつまで飾っておいて、いつ食べるのがいいのかも知っておきたいところ。

    ここでは、そんな鏡餅の疑問に迫りつつ、飾り方やポイントもご紹介します。

    覚えておきたい!鏡餅の基礎知識

    どうして「鏡餅」っていうの?

    鏡餅の由来は諸説あります。ひとつは、昔使われていた銅鏡の鏡「八咫鏡(やたのかがみ)」が鏡餅の形に似ているという説です。

    まるくて平らなところが鏡に似ているということから、この名前がつけられたとか。今では鏡というとまるいものより四角いものが多いですよね。かつては鏡は円形のものがお祭りによく使われていました。

    もうひとつは、「鑑みる(かんがみる)」という言葉にあやかっているという説。その昔、鏡には神様が宿るとされていました。

    そのことから「鑑みる(かんがみる)=お手本や過去の例に照らし合わせて考える」という意味の言葉にちなんでつけられたといわれています。「かんがみるもち」から発音が徐々に変化していったようです。

    どうして「みかん」を乗せるの?

    鏡餅の上にのせる「みかん」は、その色から「橙(だいだい)」と呼ばれていました。そこから「代々(だいだい)続く家系が大きく栄えますように」という願いを込めてつけられた縁起物だそう。

    また、「木から落ちずに大きく実が育ちますように」という意味もこめられていたといいます。

    ちなみに鏡餅のまるい形は「夫婦円満」をあらわし、お餅をふたつ重ねるのは「1年をめでたく積み重ねる」という願いや意味合いも含まれているようです。

    鏡餅の下にある紙はなに?

    鏡餅の下に紙が敷かれていることがありますよね。これは「御幣(ごへい)」や「紙垂(しで)」と呼ばれています。四方に向かって大きく手を広げ、繁盛していきますように、という意味が込められています。また、赤い色の紙には魔よけや厄除けの意味も含まれているそう。

    鏡餅の下にある葉はなに?

    鏡餅の下の紙といっしょに葉がはさまれていますよね。これは「裏白(うらじろ)」といって、縁起物の葉として親しまれています。

    古い葉と新しい葉が同時に成長するシダの葉になぞらえて、「末永くいつまでも繁栄しますように」という願いが込められています。

    鏡餅はいつからいつまで飾るの?

    鏡餅を飾り始めるのにもっともいいとされているのは28日です。これは「8」という末広がりの数字として縁起がいいと好まれてきた数字というのが理由。

    24日は「死」、29日は「苦」とつくために飾りはじめるのにはあまりよくないとされています。

    また健康や幸せをお祈りしながら家族で鏡餅を食べる「鏡開き」は1月11日がいいとされています。これは1が連続して続くことから、縁起がいいといわれているからです。

    つまり、鏡餅は12月28~1月11日まで飾るのがベストです。バリバリに割れて無残な姿になるまで放置しておかないことをオススメします。

    鏡開きをするときに刃物を入れて調理するのはご法度。「お供え物に刃をかけてはならない」というのは古くからのならわしです。木槌で割るか、手で割って食べるようにしましょう。

    鏡餅はどこに飾ればいいの?

    やたらと縁起を担ぐことの多い鏡餅ですが、どうせならとことんこだわりたいもの!鏡餅はどこに置くのがベストなのでしょうか?

    一般的には床の間に大きな鏡餅を置き、そのほかのへやには小さな鏡餅をひとつずつ置いていく、というのがいいとされています。つまり大きさは違えど全部屋に飾ったほうがいいとされています。

    とはいえ、全部屋に飾ると場所もとられ、邪魔になったり食べきれなくなったりするという問題もあります。

    ですから、飾るなら自分にとってお気に入りの場所、好きなところに置くようにしましょう。大切にしたい場所の安全や平和を祈ってそっと置いてみてくださいね。

    鏡餅を飾りたい場所リスト

    • リビング
    • 神棚
    • 玄関
    • 仕事場
    • 台所

    大事なことはお供えする気持ちです。飾る場所に「感謝の気持ち」があれば鏡餅の大きさにとらわれることもありません。

    鏡餅に願いを込めて…

    年神様のお供え物や縁起物として長い間親しまれている鏡餅。「毎年何も考えずに飾って食べていた」なんていう人もいたかもしれません。

    いまでは色々なスタイルの鏡餅が出回っています。これから置こうと考えている人は、家族の健康や夫婦円満をお祈りして、いつもと違った気持ちで飾ることができるといいですね。

    (image by amanaimages1 2 3)

    このライフレシピを書いた人