1. 趣味
    2. これ、動物園にいるやつでしょ?意外と自宅でも飼えるちょっと珍しい動物

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    これ、動物園にいるやつでしょ?意外と自宅でも飼えるちょっと珍しい動物

    ペット、カワイイですよね!「ぜったい犬派!」「どうしてもネコ派!」なんて人も多いと思いますが、定番の動物以外でも、ちょっと珍しい動物を飼ってみたいと思ったことはありませんか?

    動物園で見たあんな動物や水族館にいるこんな動物…飼ってみたいけど無理だよね~とあきらめてしまう人がほとんどかもしれませんが、環境さえ整えれば、意外な生き物を飼うことができるのです!

    ここでは「えっ、こいつも!?」とびっくりしてしまう、おうちで飼えるちょっと珍しい動物をご紹介します。

    日本国内の環境で飼える動物をピックアップしています!

    哺乳類

    スキニーギニアピッグ

    • 体長:20~30cm
    • 体重:700~1200g(オス:900~1200g,メス:700~900g)
    • 寿命:6~7年
    • 値段:1~5万円

    スキニーギニアピッグは名前のとおり、毛のない(スキニー)モルモットです。一見ブタのような独特な見た目と、人懐っこい性格から人気上昇中です。体毛の手入れは必要ありませんが、寒さに弱いので温度管理には十分気をつけてあげましょう。

    ほとんど毛がないのにこんなに愛嬌があるなんて、うらやましい限りです。

    コモンマーモセット

    • 体長:20~25cm(尻尾:29~35cm)
    • 体重:260~320g
    • 寿命:10年~15年
    • 値段:30~50万円

    ちょっと珍しい見た目の「コモンマーモセット」ですが、実は日本のペットショップではリスザルに次いでよく目にする種類の猿です。小型であるため、サルの中では飼いやすいとされています。ただ、コモンマーセットはなでたり抱っこしたりと、甘やかされるのは嫌いだそう。

    ちょっぴり気難しい性格の、プライドが高い友達という気持ちで接するのがよさそうです。

    ライオンラビット

    • 体長:25~30cm
    • 体重:2~3kg
    • 寿命:5~10年
    • 値段:1~5万円

    特徴的な耳と顔周りのたてがみのようなフワッフワの毛がチャームポイントのウサギです。比較的おとなしく、ひとなつっこい性格のため一人暮らしの人でも飼うことができそうです。

    こんなにかわいい動物と一緒に暮らしていたら、一生独り身のままになってしまうかもしれません……

    コツメカワウソ

    • 体長:40~60cm
    • 体重:3~5kg
    • 寿命:6~10年
    • 値段:60~80万円

    コツメカワウソは爪が小さいことから、この名前がつけられました。他のカワウソ類と比べて陸上を好む傾向があります。また爪が鋭くないので、他のカワウソに比べるとペットにしやすいといえます。

    なんといっても愛くるしいドヤ顔が魅力です。目に入れても痛くないとはまさにこのことです。

    カピバラ

    • 体長:1.1~1.3m
    • 体重:35kg~65kg
    • 寿命:5~10年
    • 値段:50~80万円

    もはや知らない人はいないほどの人気者になったカピバラですが、実は自宅で飼うこともできるんです!属性としてはげっ歯類で、放っておくと前歯が伸び続けるので適切な餌を与えることが必須。また、住環境も水辺に近い陸上という必須条件があります。

    ちなみにカピバラは餌代に月3万円かかるとのこと。水辺に近い環境といい、お迎えする準備を整えるだけで大変そうです。

    鳥類

    ビクトリアカンムリバト

    • 体長:60~70cm
    • 体重:2~2.5kg
    • 値段:40万円程度

    別名をオウギバトといって、美しい冠羽が特徴的なハトの一種です。体は大きいですが空を飛べないため、逃げることができずに多くの個体が捕獲されました。買うこともできますが、現在は保護の対象となっています。

    華やかに広がる羽がセレブな雰囲気。殺風景な部屋も一気にゴージャスになりそうです。

    アカハシシロムネオオハシ

    • 体長:約60cm
    • 体重:約0.6kg
    • 寿命:15年
    • 値段:20万~40万円

    まるでアマゾンの密林にいそうな鳥ですが、アカハシシロムネオオハシは人に慣れやすく丈夫なので、ペットとして人気があります。また比較的繁殖させやすいのも人気の理由です。頑丈な大型のオウム用のケージで飼育しましょう。

    それにしても大きなくちばしです。自分の身体の約3分の1がくちばしってどんな感覚なんでしょうか。

    キバタン

    • 体長:50cm
    • 体重:800g
    • 寿命:40~50年
    • 値段:30~50万円

    テレビなどでとさかを立てる姿を見たことがある、という人も多いと思われるこちらのオウム。体は真っ白ですが、興奮したときなどに黄色い冠羽を立てます。知能も高く芸も覚えられます。ヒナから飼育するとより慣れやすいでしょう。

    キバタンという名称がゆるキャラっぽくてかわいいですね。寿命が長いので人生をかけた付き合いができそうです!

    チゴハヤブサ

    • 体長:30~35cm
    • 体重:130~340kg
    • 寿命:20年
    • 値段:15~30万円

    孤島の空に舞っていそうなきりりと鋭い風貌。自宅でも猛禽類が飼えるんですね。ハヤブサよりも小型なため名前に「稚児」がついています。しっかり調教すれば、飼い主が呼ぶと遠くからでも帰ってくる「フリーライド」も夢ではありません。

    小さいながらも尖ったくちばしに猛禽類の誇りを感じます。小柄なワイルド系イケメンと言ったところでしょうか。

    メンフクロウ

    • 体長:35~40cm
    • 体重:200~700g
    • 寿命:20~30年
    • 値段:15~40万円

    お面を被ったような顔をしているため、メンフクロウと呼ばれています。完全な夜行性です。ふくろうの中では中型のサイズなので、余裕のあるゲージで飼うようにしましょう。

    表情が読めないポーカーフェイスなヤツ。夜にふと目が合ったらびくっとしてしまいそうです。

    爬虫類

    ベルツノガエル

    • 体長:10~13cm
    • 体重:130g
    • 寿命:10~15年
    • 値段:5000円~20000円

    目の上がツノのようにとがっているのでこの名前がつきました。人になつくというわけではなく、観賞用と言えるでしょう。ずんぐりむっくり、ずっしりとした体つきがカワイイですよね。

    決して小さくないザリガニをバリバリ食べてしまうほど食欲旺盛だそう。現代人は見習いたい肉食ぶりです。

    エボシカメレオン

    • 体長:オス 約65cm、メス 約45cm
    • 体重:150~300g
    • 寿命:約3~5年
    • 値段:1~3万円

    烏帽子を被ったような頭をしているためこの名がついています。一般的にカメレオンは飼育が難しいとされていますが、その中でもエボシカメレオンは比較的飼育が簡単であるため、入門としては最適の種と言われています。

    アラビア半島に分布していますが、烏帽子というだけで少し親近感が沸いてしまいます。きっと本人?も日本が大好きなのではないでしょうか。

    個性豊かな生き物たちと、末永いおつきあい

    皆さんの興味をそそる生き物はいましたか?中には意外な生き物もいましたが、飼おうと思えば飼うことができるのです。珍しいだけあって高価な動物もいますが、個性豊かな生き物たちと長い付き合いをすると考えるなら安いものかもしれません。

    いざ飼うとなれば、ペットは人生を共にするパートナー。自分の生活スタイルに合わせて、しっかりお世話できる動物を選びましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人