\ フォローしてね /

すき焼きのタレで簡単!味付けに失敗しない「ぶり大根」の作りかた

市販の「すき焼きのタレ」を使えば「ぶり大根」も失敗しらず!味もいい具合で、「おいしい!」と言ってもらえる「ぶり大根」が作れます。

すき焼きのタレで簡単に作る、「ぶり大根」の作りかたを紹介します。

材料(2~3人分)

  • ぶりあら・・・350g程度
  • 大根・・・1/2本
  • エバラすき焼きのたれ・・・100ml
  • 水・・・300ml

作り方(調理時間:40分)

STEP1:大根を切って茹でる

大根は皮を剥き、角を面取りしておきます。

水300mlに大根を入れ、中火にかけます。沸騰したら、蓋をして20分加熱します。

大根はできるだけ長時間火にかけて、柔らかくするのがおいしくなるコツ!先に茹でておきましょう。

STEP2:ぶりの処理

ぶりは水でしっかり洗い、血がついたところをきれいにしておきます。

その後、お湯を2度ほどかけて、くさみを取りのぞいておきます。

しっかり洗って、熱湯をかけることで、くさみが軽減します。

STEP3:火にかける

STEP1で茹でた大根に、すき焼きのタレ、ぶりを入れて、弱火にして、更に20分加熱します。

大根が、透き通るまで煮込んだら完成です!

作り方のコツ・注意点

あっという間にできるのに、すき焼きのタレの味と水で、味つけの失敗がない「ぶり大根」です。

ぶりはできれば「あら」を買ってください。また、大根は煮込むほど箸ですっと切れるようになります。時間があれば、コトコトと煮込んで味染み大根を作って味わってみてください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。