1. 料理
    2. お正月はやっぱりこの味!わが家の関東風お雑煮の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お正月はやっぱりこの味!わが家の関東風お雑煮の作り方

    地方によって出汁・具材に違いがあるお雑煮ですが、神奈川県に生まれ育った筆者の実家では毎年このお雑煮で正月を迎えます。

    そこで今回は、醤油ベースの出汁に焼いた角餅を使ったシンプルな関東風お雑煮のレシピをご紹介します。

    材料(2人分)

    出汁

    • 水・・・・400cc
    • 出汁パック・・1袋
    • (又は ほんだし・・小さじ1)
    • 酒・・・・大さじ1
    • 醤油・・・小さじ2
    • みりん・・小さじ2
    • 塩・・・・小さじ1/2

    具材

    • 鶏肉・・・100g
    • 人参・・・2cm
    • 大根・・・1cm
    • ほうれん草・・1/4束
    • 三つ葉・・適宜
    • 角餅・・・2個〜お好きなだけ

    作り方(調理時間:約30分)

    STEP1:具材の下ごしらえ

    人参は皮を剥いて5mm程度の輪切り、大根は5mm程度の半月切りにし、柔らかくなるまで下茹でします。

    人参は輪切りのままでも大丈夫ですが、花型等で型抜きすると華やかになります。

    ほうれん草は色鮮やかになるまでサッと茹で、食べやすい大きさに切ります。

    すぐに召し上がらない場合は、1人分づつセットしておくと盛りつけしやすくなります。

    STEP2:出汁を作る

    鍋に用意した分量の水を入れ、出汁パック又はほんだしを加えて出汁を作ります。
    そこへ小さ目の一口大に切った鶏肉を加え、火を通します。

    STEP3:餅を焼く

    トースター等でこんがりと焼き目がつくまで餅を焼きます。

    STEP4:盛りつけ

    用意したおいた具材を、バランスをみながらお椀に丁寧に並べていきます。

    盛りつけた具材を崩さないように、温め直した出汁を静かに注ぎます。

    STEP5:完成

    さいごに三つ葉を乗せて彩りを加えたら、完成です。

    作り方のコツ・注意点

    STEP 2 まで(具材の下ごしらえと出汁の準備)を前日に用意しておけば、忙しい元旦の朝も手早く用意出来ると思います。

    今回はシンプルな具材で作りましたが、かまぼこやゴボウ・椎茸等を入れてアレンジしても美味しいと思います。

    出汁の味つけやお好みの具材で、家庭の定番の味を見つけ出そう!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人