1. コミュニケーション
    2. Webエンジニアはモテる!?婚活のCVRを高める方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    Webエンジニアはモテる!?婚活のCVRを高める方法

    婚活市場において、実は安定した人気を誇っているという「Webエンジニア(男)」。これは男性の多い職場で日々働き、異性と出会えるチャンスが少ないというWebエンジニアにとって朗報ですが、婚活となると苦戦する人も多いようです。

    そこで今回は、多くの技術系会社員の縁結びをお手伝いをしてきた結婚紹介所「ファニーキープス」代表の佐藤隆嗣さんに、Webエンジニア向けの婚活ハウツーをお伺いしました!

    本記事は、2014年10月の取材情報をもとに執筆されたものです。
    ここでの「CVR(Conversion Rate)」=目標とされる結婚という成果(コンバージョン)に結びついた割合、を意味しています。

    結婚相手としてWebエンジニア(男)が好印象なわけ

    最先端の業界で働いている!

    スマホのアプリなど、さまざまな開発の需要が生まれ続けるIT業界。最先端の技術を繰るWebエンジニアはかっこいいです。また、結婚に安定を求める女性に、手に職のある男性はいつだって人気です。

    IT業界がある限り、引く手あまたと言えるエンジニア職は婚活女性からも熱いまなざしを送られているのです。

    女性は「まじめで誠実」な男性が好き!

    Webエンジニアの男性に対するイメージとして「物静か」「実直」「浮気をしなさそう」などがあります。

    ほとんどの女性が結婚相手にのぞむ条件として「まじめで誠実な人」を挙げます。Webエンジニアに対して、悪いイメージを持つ女性はあまりいないようです。

    Webエンジニア(男)が婚活で陥りがちな7つの失敗

    1:決断力がなさすぎる

    ある程度の決断力がある男性を好む女性は多いです。しかし、Webエンジニア(男)については、決断力がある人が少ない傾向にあります。そのため、デート中でも「どこに行きましょうか」「待ち合わせ、どうしましょう」など、何から何まで女性側に意見を聞いてしまう人もいるようです。

    女性に「頼りがいがない人!」とダメ出しされないように、決めるべきところではきちんと決めましょう。

    佐藤隆嗣さん(以下、佐藤さん)「Webエンジニアに限らず、技術職に就いている男性にはこういった傾向が多く見られます。希望を全部聞いてあげようという優しさが、逆に女性を疲れさせてしまうことがあるので注意してください」

    2:チャットと対面との温度差がありすぎる

    超高速でキーボードに文字をタイプできるWebエンジニア。チャットやメールでは顔文字をいっぱい送ってくるなど明るくて楽しそうな印象なのに、いざ会うとなぜか沈黙している・・・なんてこともWebエンジニア(男)にはよくあるパターンの1つです。それもたいてい、チャット上のほうが明るく、対面ではトーンダウンしてしまうようです。

    チャット上と対面との温度差がないよう、実際に女性に会ったときも言葉遣いやトーンなどを意識しましょう。

    3:共感力がなさすぎる

    Webエンジニアの職場は男性ばかりというケースが多いこともあり、いざ女性を対面すると素っ気なく見える仕草をしてしまう人も多いようです。

    女性は共感してくれる男性に好感を持ちます。「すごいね〜」「なるほど〜」など少しオーバーなくらい相槌を打ちましょう。反応が薄すぎると、いくら彼女を好きでも全く伝わりません。

    4:自分の話ばかりする

    初めは共通の話題が少ない分、つい自分の仕事について延々を話をしてしまいがちです。披露したい仕事の話がたくさんあっても、延々と人の話を聞かされた後の沈黙は重たいものです。自分の話ばかりするのは気をつけましょう。

    佐藤さん「しゃべりすぎないようにしましょう。3分くらい自分の話をしたら、相手にしゃべらせる感じで、キャッチボールが成立するよう心がけましょう」

    5:見た目に無頓着すぎる

    普段着で仕事をしていると、見た目にかまわなくなりがちです。「髪の毛は乱れていないか?」「鼻毛はでていないか?」「顔はテカっていないか」など、清潔感を中心にチェックしましょう。高級ホテルでのお見合いには、よれよれのズボンとスニーカーではなくスーツで出席しましょう。

    6:自分のルックスは棚に上げて、相手のルックスにこだわりすぎる

    出会いが少ない環境内で「結婚したい!」と思っている人にありがちなのが、理想が高過ぎる!というものです。Webエンジニアも例外ではありません。

    「AKBみたいな子がいい!」などと無理な理想を掲げていませんか?アイドルや二次元を追いかけすぎて、リアルな女性はどういう感じなのか、みえなくなっているかもしれません。自分自身を振り返り、現実に目を向けましょう。

    7:打たれ弱すぎる

    理想通りのきれいな女性に一度フラれただけで、めげてしまう人も多いようです。負のスパイラルに入って落ち込んでいても、ただ時間が過ぎていくだけです。経験値をあげるため行動し続けましょう。

    婚活で成功するためにすべきことは?

    自分の市場価値をリサーチし、実戦経験を積みましょう。適切なアドバイスをくれる人との交流も重要です。

    モテる友人を真似する

    • モテる友人の服装・髪型を真似する
    • モテる友人の異性への接し方を真似する
    • モテる友人が持っている小物などを真似する

    自分が想像する「モテる男性」を手本にするのは難しいものです。そこで、周囲にいる「モテる友人」の影響を積極的に受けましょう。

    たとえば、食事や飲み会へ同行したり、デートプランについて相談してみたり。行動をともにするうちに、モテる友人から「髪の毛はねているよ」など、身だしなみの指摘してもらえる利点もあります。

    理想とする人間を真似ることも大切です。真似をしているうちに、変わっていく自分自身を発見できます。

    アドバイスを受けられる場所に行く

    • 流行りのショップへ行って店員のアドバイスをうける
    • 思い切って結婚相談所へ行ってみる

    真似できる友人がまわりにいないときは、自分磨きのセミナーや結婚相談所を利用するのも合理的な方法です。プロのアドバイスを受け、自己アピール力を高めましょう。

    婚活パーティではリサーチに徹する

    • モテている人の話し方をチェック
    • モテている人の持ち物をチェック
    • モテている人の服装・髪型をチェック

    婚活パーティーなど、短時間でカップリングに成功しなければならない場は、シャイなタイプが多いエンジニア男性にはハードルが高かったりします。

    婚活パーティーに出席することになったら無理せず、まずは周囲を見回して「モテている人」を探しましょう。そういった人の行動パターンをリサーチし、何をどうすればいいのかをしっかり学びましょう。

    とにかく人と話す

    • 「おはよう」「おつかれさま」などをきちんと口に出して伝える
    • ベタだけど天気の話などしてみる
    • 最近のトピックスについて聞いてみる

    職業柄、ついPCと向かい合ったきりになりがちな人も多いようです。そこで、近所の人でも会社の人でも誰でも良いので、話をする癖をつけましょう。

    普段から雑談をしていると、気に入っている女性と話す際にも役立ちます。いざというときに、自分の気持ちが自然に伝わるような表現ができようにしましょう。

    エンジニア的言い回しで戦う

    • 真似したいモテる友人=メンター
    • 婚活=プロジェクト
    • 自分の欠点を改善=バグ対応

    女性に慣れていないWebエンジニアにとって、婚活の世界は外国語が飛び交う異国のようなものです。少しでもネガティブな意識を払しょくするため、普段から仕事で使い慣れている言葉を使って「婚活」を表現してみましょう。

    お話を伺ったのはこちら!

    佐藤隆嗣さん

    結婚相談所「ファニーキープス」代表。マリッジプロデューサー。結婚に至るまで、一人ずつご縁をプロデュースしている。最近ではWebエンジニア男性の婚活をプロデュースすることも増えてきているのだそう。婚活ブログも執筆中。

    (イラスト:モップ・シュポンタン)
    (ライター:中野満美子)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ