1. 料理
    2. 板チョコを使ってお洒落なケーキをお手軽に!ザッハトルテの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    板チョコを使ってお洒落なケーキをお手軽に!ザッハトルテの作り方

    ザッハトルテは、オーストリア・ウィーンの伝統的なお菓子です。料理人フランツ・ザッハーが貴族たちのために作った「チョコレートケーキの王様」とも呼ばれる濃厚なチョコレートケーキです。今回は市販の板チョコレートを使い、家庭にある材料で手軽に作れるようにしました。

    材料(直径18cmの丸型1台分)

    チョコレート生地の材料

    • バター(有塩でも可)・・・60g
    • 砂糖(生地用)・・・30g
    • 板チョコレート(ビター)・・・80g
    • 薄力粉・・・40g
    • 塩・・・ひとつまみ(有塩バターの場合は省く)
    • 卵黄・・・3個
    • 卵白・・・3個
    • 砂糖(メレンゲ用)・・・30g

    コーティングの材料

    • 板チョコレート(ビター)・・・120g
    • 砂糖・・・100g
    • 水・・・50ml
    • アプリコットジャム・・・200g
    • 生クリーム(トッピング用、お好みで)

    作り方(調理時間:120分)

    STEP1:準備

    • バター、卵は常温に出しておきましょう。
    • ケーキ型にオーブンシートを敷きましょう。
    • オーブンは170℃に予熱しておきます。
    • 卵を卵白と卵黄に分けます。
    • 薄力粉はふるっておきましょう。
    • チョコレートは刻み、湯せんにかけておきます。
    下準備として、以上のことをしておきましょう。

    STEP2:バターをクリーム状にする

    バターをやわらかくなるまで泡立て器で混ぜ、砂糖30gを加えて白っぽくなるまですり混ぜます。さらに砂糖がよく混ざったら塩をくわえましょう。

    有塩バター使用の場合は、塩は使いません。

    STEP3:卵黄を加える

    卵黄を1個ずつよく混ぜましょう。

    1個加えるたびに、よく混ぜ合わせてください。

    STEP4:チョコレートをくわえる

    STEP3の状態に、人肌に冷ましたチョコレートを加えてぐるぐると混ぜましょう。

    STEP5:メレンゲを作る

    別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで少し角が立つまで泡立てます。角が立ち始めたら砂糖を3回に分けて加え、しっかりと角が立つまで泡立てましょう。

    筆者は泡立て器を使いましたが、5分ほどで泡立ちました。

    STEP6:チョコレートクリームにメレンゲを加える

    STEP5の生地にメレンゲを加え、ゴムベラでさっくりと混ぜます。

    STEP7:薄力粉を加える

    薄力粉を加え、切るように混ぜます。

    STEP8:オーブンで焼く

    型に入れ、170℃のオーブンで40分焼きます。竹串でさして何もつかなければ焼き上がりです。

    写真では直径9cmの小さな型(6個分)を使っています。

    STEP9:生地にジャムを塗る

    焼きあがったら型に入れたまま逆さまにし、20分ほど冷ましてから型から外す。高さの半分で横に2枚に切り、1枚にジャムを塗って上に生地を重ねます。

    その後さらに、側面・上面とジャムを塗り乾かします。

    STEP10:砂糖と水を鍋にかける

    鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、沸騰したら止めます。

    STEP11:刻んだチョコレートを加える

    刻んだチョコレートを加え、完全に溶かしてから、再び火にかけ108℃まで煮詰めて火をとめます。

    温度が高くても低くてもなめらかな仕上がりになりません。

    STEP12:チョコレートでコーティングする

    ケーキを金網の上(なければ逆さまにしたコップの上)に載せてチョコレートを高いところから、一気に流しかけます。

    表面を整えたいときは、スパチュラで手早く整えましょう。

    STEP13:盛り付ける

    お好みで無糖の生クリームを添えると、ザッハトルテの甘味が柔らかになります。

    作り方のコツ

    メレンゲさえしっかり泡立てれば、ふんわりとした綺麗な生地が焼き上がります。チョコレートのコーティングの際はすぐに固まってくるので、怖がらずに一気に仕上げるのがポイントです。

    おわりに

    工程は長いですが、デコレーションケーキほど大変ではありませんし、濃厚な味がくせになりますよ。またクリスマスやバレンタインの際は、男性受けが抜群に良かったです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人