\ フォローしてね /

梅味噌ダレがよく合う!鱈と舞茸の蒸し料理の作り方

焼き魚や煮魚など、普段よく作る魚料理から脱却したいとき、蒸してみるのはいかがでしょうか。

今回は、梅味噌ダレがよく合う、鱈と舞茸の蒸し料理の作り方をご紹介します。

材料(1人分)

  • 鱈・・・一切れ
  • 舞茸・・・1/2株
  • 梅干・・・1個
  • 青じそ・・・2枚
  • 味噌・・・大1/2
  • 砂糖・・・小1
  • みりん・・・大1/2

作り方(調理時間:20分)

STEP1:梅味噌ダレを作る

梅干は種を取り除き包丁でたたき、青じそは粗みじん切りします。

ボールで味噌・砂糖・みりんを混ぜたら、そこに梅干と青じそを入れてさらによく混ぜておきます。

STEP2:包む

クッキングシートの中央に鱈をのせ、その上に梅味噌ダレを塗ります。横に根元を切り落として小房に分けた舞茸を置きます。

具材がはみでないように包み込み、両端はキャンディーのようにねじります。

STEP3:蒸す

蒸し器に入れて約15分蒸します。

STEP4:完成

魚にしっかり火が通ったら完成です。

作り方のコツ・注意点

蒸している間に、梅味噌ダレが蒸気で溶けて水分たっぷりになりますので、必ずクッキングシートでしっかり包んでから蒸し器に入れてくださいね。また、今回は鱈で作りましたが、他の白身魚でも合うと思いますよ。

さいごに

蒸すだけなのでヘルシーですが、梅味噌ダレが淡泊な白身魚によく浸み込んで、満足感のある一品になっています。クッキングシートのまま食卓に出せば、食器が汚れず後片付けが楽に終わるのもいいですよね。少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。