\ フォローしてね /

旬のイナダやワラサで作る!博多名物「ごまさば」風の作り方!

福岡・博多を中心とした北九州の郷土料理「ごまさば」をご存知でしょうか?真サバの刺身をゴマ油とすりゴマを加えた醤油ベースのタレに絡めた魚料理で、脂ののったサバの刺身とゴマの風味が何とも言えず美味しいのです。

筆者は関東在住なので刺身用のサバは中々手に入りませんが、同じ寒い時期に旬を迎えるイナダやワラサでも美味しく作れてしまうのです!今回は、脂ののった旬のイナダを「博多名物・ごまさば」風に仕上げてみました。

材料(2〜3人分)

  • 刺身用イナダ・・・1柵
  • すりゴマ・・・大さじ2
  • 醤油・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • 味醂・・・小さじ2
  • ゴマ油・・・小さじ1
  • お好みの薬味・・・適宜

作り方(調理時間:10分)

STEP1:ごまダレを作る

すりゴマとすべての調味料をボウルへ入れてよくかき混ぜ、ごまダレを作っておきます。

STEP2:イナダを切る

イナダの刺身を食べやすい大きさに切ります。

削ぎ切りにするか少し薄切りにすると、味が絡みやすくなります。

STEP3:イナダをごまダレで和える

ごまダレの入ったボウルにイナダを加え、サッと和えます。

ごまダレに長時間つけておくと風味が落ちますので、なるべく食べる直前に和えてくださいね。

STEP4:盛りつけて完成!

お皿に盛りつけ、小ネギや山葵等お好みの薬味を添えれば完成です!

作り方のコツ

イナダやワラサの他、ブリの刺身でも美味しく作れます。

今回はすりゴマを使用しましたが、白炒りゴマをすり鉢ですって加えると、より風味がアップします。

まずはそのまま召し上がっていただいて、残りは白飯にのせてお茶漬けにするのもオススメです!

おわりに

旬のイナダやワラサにひと手間加えて、より美味しく召し上がれるレシピです。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。