\ フォローしてね /

厄を払って福を呼び込もう!節分の基礎知識

年末年始の目玉行事といえば、クリスマスやお正月。クリスマスはキリストの生誕を祝う行事、お正月は新しい年を祝う行事だということは多くの方がごぞんじだと思います。

しかし節分はというと、「特に楽しくもないしなあ。やる意味あるの?」「豆まいて恵方巻き食べるだけでしょ?」と、適当に済ませてしまったり、やらなかったりする方も多いのではないでしょうか。

節分は平安時代から続く伝統的な厄払いの儀式。知らないままなんとなく過ごすのはもったいないですよ!

ということで、今回は節分の基礎知識をまとめてみました。

節分とは

「節分」という名のとおり、もともとは季節の変わり目という意味があります。季節の変わり目とは立春、立夏、立秋、立冬のことであり、今で言う節分はこの中の立春の前日に当たります。

古来より日本では春を1年の始まりとし、特にめでたいものとして大切にしていました。そのため、時間の流れとともに節分といえば春のみを指すようになったのだそうです。

豆まき

なぜ豆まきをするのか

節分といえ豆まき。その由来は中国の習俗が伝わったものとされています。「豆」は「魔滅」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

また、室町時代の宮中では季節の変わり目に邪気を追い払う「追難(ついな)」という豆打ちの行事が行われていました。その名残が現代の「豆まき」になっているということです。

現代では鬼のお面を被った人に豆を投げつけることもありますが、鬼とは人間が恐れるものの象徴で、それらを追い払おうとしているのです。

豆まきの正しい作法

時間帯はです。鬼は夜にやってくるので、家族全員そろったところで豆をまきましょう。

家の玄関や窓を開けて、「鬼は外!」と叫びつつ豆をまきます。鬼が入ってこないようにすぐ窓や玄関の戸を閉めたら、「福は内!」と部屋の中に豆をまきます。

豆をまくのは基本的に家長の役目ですが、厄払いのために厄年の人がまくこともあります。家族のイベントなので、みんなで楽しくまきましょう。

男性の25歳・42歳・61歳、女性の19歳・33歳・37歳・61歳の方が本厄にあたります。厄払いに豆をまいてみてくださいね。

食べる豆の数

食べる豆の数は、細かく決められていません。年の数か、それより一つだけ多く食べるのがポピュラーなようです。

歳の数プラス1つ食べる風習は、昔の日本が数え年制度を使っていたことに関係しています。豆まきの風習が始まったころの日本は満年齢プラス1歳の数え年で年齢を表すのが普通でした。この名残により現代でも年齢プラス1の数だけ豆を食べる人が多いようです

「年の数だけ豆を食べ、年齢と同じ数だけ福を取り入れる」というのが本来の意味であり、満年齢の数だけ豆を食べるのが間違いというわけではありません。

恵方巻き

恵方巻きの由来は諸説ありますが、発祥の地はどうやら大阪のようです。

大正初期の大阪の花街では、節分にお新香を巻いた海苔巻きを恵方を向いて食べるという風習がありました。これを大阪の商人たちが戦前・戦後にかけて宣伝に利用し、「恵方を向いて丸かぶりすれば幸運が訪れる」とうたったチラシを作って売り出したようです。

ちなみに「恵方巻き」という名称はセブンイレブンが名付け、もともとは「節分の巻き寿司」「幸運巻き寿司」と呼ばれていたそうです。

恵方巻きの正しい食べ方

「縁を切らないように」という意味が込められているため、恵方巻きは切りません。太巻きですが、切らずにそのまま丸かぶりしましょう。

恵方巻きを持ったら恵方を向いて食べます。「恵方」とはその年の年神様がいる方向であり、毎年方角は変わります。

恵方巻きを食べている間はしゃべってはいけません。願い事を頭の中で考えながら静かに食べましょう。

節分は「厄払い」と「幸運を願う」行事

季節のイベントや行事には1つ1つにちゃんとした意味があります。節分も例外ではなく、厄払いと1年の幸運を願うというすばらしい意味があります。

「恵方?そんなのどっちでもいいじゃん」などと言って適当に済ませていると、年神様を怒らせてしまうかもしれませんよ。

意味や由来を理解して、家族で楽しく節分を過ごしてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages1 2
(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。