\ フォローしてね /

どんなに忙しい日でもサッと作れる!目玉焼きワンプレートの作り方

忙しい家事の合間のお昼ご飯。手早く作れるレシピがあるととても便利ですよね。ここでは、目玉焼きワンプレートの作り方をご紹介したいと思います。

作り方といっても、冷やご飯を温めた上に目玉焼きを乗せただけというものなので、どこかズボラな感じもしますが、手早く作れて美味しいのでおすすめです。

材料(1人分)

  • 卵:1個
  • 冷やご飯:1人分
  • サラダ油:小さじ2
  • しょう油:少々
  • レタス:適量
  • ミニトマト:適量

作り方(調理時間:5分)

STEP1:目玉焼きを作る

サラダ油をフライパンで温め、卵を割入れて、目玉焼きを作ります。下面がかりっとしてくるまで中火で 1分ほど炒めます。フタをして、弱火に落とし、お好みの固さになるまで、30秒~1分くらい蒸します。

STEP2:皿に盛り付ける

電子レンジで温め直したご飯とレタス、ミニトマトを皿に盛り付け、目玉焼きを乗せます。

STEP3:出来上がり

しょう油を軽くふって出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

やや多めの油で、目玉焼きを揚げ焼きにするような感じにすると、香ばしくなって美味しいです。

冷やご飯が固くなってしまったときには、日本酒を少量ふりかけてレンジで温めるとふっくらと仕上がります。

おわりに

しょう油の代わりに食べるラー油やナンプラーをかけたり、温めたご飯の上に軽く塩コショウや鶏がらスープの素をかけたりするなど、色々なバリエーションで作ることもできます。

簡単に作れますので、是非試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。