\ フォローしてね /

人に配っても喜ばれる!「ブラウンシュガーの小さめシュトーレン」の作りかた

「シュトーレンは普通の量で作ると多いんだよなぁ・・・」「お昼のお弁当に自家製パンを持って行きたいなぁ」と、思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方にもおすすめな、小さいサイズで焼いてみたシュトーレンの作り方をご紹介します。

茶色い砂糖で作っているレシピで、クリスマスパーティーの一品としても、普段のお弁当やおやつにも楽しめるものになっています。

材料(小4個分)

ポーリッシュ種

  • 強力粉 100g
  • 水 100ml
  • 生イースト 10g

本ごね

  • 強力粉 200g
  • 発酵バター(無塩) 60g
  • 卵 1個(50g)
  • きび砂糖 15g
  • 塩 2g

具材

  • レーズン 80g
  • くるみ 30g
  • ドライあんず 43g
  • ラム酒 大さじ3
ドライフルーツは、粉の全体の1/2以上にしましょう!

仕上げ

  • 粉砂糖(黒糖) 大さじ3~4
  • 発酵バター(無塩) 30g程度

作り方(調理時間:90分)

STEP1:ポーリッシュ種を作る

水、生イーストを溶かしたものを、ボウルの強力粉に入れて混ぜて「ポーリッシュ種」を作ります。室温で3時間以上そのままにしておきましょう!

ポーリッシュ種を作ると、滑らかな生地になります。

STEP2:本ごねをする

本ごね材料、強力粉、きび砂糖、塩を入れて小さい泡立て器で混ぜておきます。

水分がないものだけを混ぜておくことで、生地の味が均一になります。

そこに、卵、ポーリッシュ種を混ぜます。

へらで混ぜていき、ある程度固まってきたら、バター(60g)を溶かしたものを混ぜます。

溶かしたバターを使うと、生地がまとまりやすくなります。

へらで混ぜていき、ひとかたまりになるまで混ぜておきます。

STEP3:ドライフルーツの準備

ドライフルーツは、レーズンはそのまま、あんずとくるみは小さく切って、ラム酒に漬けておきます。

ラム酒は、Doverのホワイトを使いました。好みのものを使ってみてくださいね。

STEP4:生地をこねていく

STEP2の生地にドライフルーツを混ぜて、手ごねしていきます。このとき、分量外の強力粉を手につけて、生地がくっつかないようにしながら生地をこねます。

親指の腹を使いながら約10分。ドライフルーツが生地に均一に混ぜ込まれるまでこねていきます。

ここまで成形できたら、ラップをして20分。室温に置いて1次発酵をします。

STEP5:成形する

生地の重さをはかって4分割します。

丸めて20分。ベンチタイムを取ります。

STEP6:さらに成形していく

生地をめん棒で伸ばして、1/3で折りたたみます。

4個とも同じようにして成形します。半分に折るのではなくて、ずらして折ることで、シュトーレンらしくなります。

そして、35度のオーブンで20分。2次発酵させます。

成形方法は、こちらの記事も参考にしてみてください。

STEP7:焼いていく

予熱をしておいた220度のオーブンで15分焼いていきます。

小さめサイズなので、焼きすぎに注意!高温で短時間焼成します。

表面がきつね色になったら完成!

オーブンから出しておきます。

STEP8:仕上げをする

溶かしバターを表面に塗ります。このとき、はけでしっかり塗っていきます。

その上から茶こしでブラウンシュガーをふりかけます。

最初にふったブラウンシュガーはバターとなじんでしまうので、粉が残るくらいまでしっかりとかけるのがポイントです。

シュトーレンができました!

作り方のコツ・注意点

コツは、ポーリッシュ種を作っておくこと。3時間置いておくだけでいいので、1日かければ作ることができます。

また、生地をこねる前に、粉をあらかじめ泡立て器などで混ぜておいたり、生地を切ってからベンチタイムを取ることで、固くなりにくいシュトーレンに仕上がります。

おわりに

一切れずつ食べれば、クリスマス気分!4つ作ることができるので、友人へのプレゼントにもご活用ください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。