1. 趣味
    2. 初めて冬のコミケに参加する際に知っておくといいこと

    初めて冬のコミケに参加する際に知っておくといいこと

    毎年、お盆と年末の東京ビックサイトでは、最大級の同人誌即売会であるコミックマーケット(通称コミケ)が行われています。

    アニメやマンガが好きでコミケにも興味はあるけれど、実際行ったことはない…という方も、少なくないのではないでしょうか。

    お客さんとして一般参加する場合は費用や面倒な手続きがないため、参加自体は容易ですが、マナーや事前知識などを知っておかないと困ったり、他の参加者に迷惑をかけてしまったりするおそれがあります。

    そこで今回は初参加を考えている方に向けて、年末に開催されるコミックマーケット、冬コミに行く際に知っておくべきポイントをご紹介します!

    コミケについて事前に最低限知っておきたいこと

    コミケはそもそも何をしている?

    コミケは大きく分けて「同人誌即売会」「企業ブース」「コスプレ披露・撮影」の3つのポイントがあります。

    種類 提供者 内容
    同人誌即売会 小規模なグループ(サークル) 同人誌や様々なグッズなどの頒布
    企業ブース 企業 それぞれのブースでの販売やイベント
    コスプレ アマチュア・企業コンパニオン・コミケスタッフ アニメやゲーム、マンガにとどまらず様々なコスプレをする

    コスプレは館内のいたるところで見られますが、着替えから撮影にいたるまで様々なルールが決められています。

    注意事項はどこで知るのか

    コミケの公式サイトなどで販売されてるコミケのカタログの注意事項の熟読をおすすめします。

    カタログは冊子やDVD‐ROM、Web版などがあります。
    • 冊子…直販・当日価格2000円、書店価格2500円
    • DVD-ROM…2500円
    • Web版…基本無料ですが、様々な機能を使うには月額500円(税別)の課金が必要です

    有料版のWebカタログは機能性に優れ便利ですが、アプリとの連携などやや複雑なものを要求されたりするので、最初はそれのみで完結する冊子版をおすすめします。

    冊子版のカタログは当日も会場で購入できますが、とにかく厚くて重いので、事前に購入し必要箇所のみを切り離してまとめるなどして持ち歩いた方が良いです。

    当日のポイント~同人・企業ブース編~

    3日間全部同じことをやっているのか

    同人ブースは日にちによってジャンル分けがされているので、目当てのジャンルがある日を公式サイトやカタログで必ず確認しておきましょう。

    企業ブースも基本的にやっていることは変わりませんが、イベントや商品の在庫数などの微妙な違いがあります。

    企業ブースのものを狙う場合は初日がおすすめですが、少々ツラいので初参加ではあまりおすすめしません。

    18歳以下は入れるか

    コミケの一般参加に年齢制限はありません。どの年齢でもルールやマナーを守れれば大丈夫です。

    成人向け同人誌やアダルトゲームの企業だらけなのか

    なんとなく誤解してる方もいるかもしれませんが、実はコミケ市場における成人向け同人誌の割合は少なめです。アダルトゲームの企業も出展していますが、成人向けのグッズの種類が少ないことが多いです。

    しかし年齢制限のない会場でも18歳未満に対する購入制限はあるので、心配な方は身分証を持っていくと良いでしょう。

    何時ごろに会場に着けばいいのか

    初めての方は午後からの入場をおすすめします。会場自体は10時に一般入場となっていますが、正午より前に会場に着いてしまうと、そのまま中へは入れず、真冬の潮風が吹く入場待機列に並ばせられてしまいます。午後にはその列は解消されているので、すんなり入れることが多いです。

    買いたいものがあるという方は、ネットで情報を集め、それが人気なものであれば始発で会場に到着することをおすすめします。

    会場に着き、人の流れを辿って行くと、同人ブースか企業ブースかに流れが分かれます。人の流れがどこへ向かっているのか案内が見えると思うので、それを頼りに最初に行きたいほうへ向かいましょう。

    最近は徹夜で会場に並ぶ人が増えてきていますが、ルール違反なのでやめておきましょう。また、会場には必ず、徒歩か公共交通機関で来るようにしましょう!

    同人ブースで同人誌やグッズを見せてもらう際は一声かける

    買うかどうか中身を見てから決めたい場合、相手に許可を頂いてから見せてもらいましょう。快く応じてくれるはずです。戻す場合はお礼を言い、元の場所に丁寧に戻しましょう。

    1万円札は崩し、小銭を多めに持っておく

    同人ブースへ行く際は1万円札を持っていかず、紙幣なら1000円札、硬貨なら500円・100円玉を多めに持っていきましょう。

    同人サークルでは当日かなりの人が訪れるので、支払いに大きい額の紙幣が続くとお釣りが用意できなくなってしまったり、お釣りを間違えられたりするおそれがあります。

    さらにお釣りを用意する時間も、積み重なると後ろの方の待ち時間にも大きく影響してきますので、参加者全員への配慮としてなるべくぴったりのお金で払ってあげましょう。

    企業ブースでは高価格帯の商品も多いので、1万円札を持っていくと会計の際に1000円札を数える手間がはぶけて便利です。

    サークルさんに差し入れしたい!という方へ

    サークルにとって1番嬉しいのは作品を買ってもらうことなので、基本的に特別な差し入れは必要ありません。

    「どうしてもしたい!」という方は、Twitterなどで事前に相手の好みを調べておくと良いでしょう。

    スケブをお願いしたい!という方へ

    スケブとは気に入ったサークルの絵師さんに絵を描いてもらうことで、よくスケッチブックが用いられることから、この略称で呼ばれます。色々と調べないとわからないようなマナーがあるので事前に調べておくと良いでしょう。

    サークルによって対応はまちまちなので、引き受けてくれるかどうかの確認をして、無理にお願いをするような行為はやめましょう。

    商品を買ったあとのことも考える

    コミケが終われば会場を出なければなりません。商品によっては大きなアニメ絵の描かれた紙袋に入れられて渡されることもあります。

    会場ではそういった紙袋をよく見かけるので、自分が持っていても特別目立ったりはしませんが、会場の外では目立ってしまったり、好ましく思わない人もいるので、別の紙袋を用意するなどの配慮をするようにしましょう。

    会場には郵送コーナーが設けられているので、そちらで荷物を郵送するのも1つの手です。

    当日のポイント〜コスプレ編〜

    コスプレをする側として参加する場合

    コスプレには着替えの場所や時間、使用できる物や露出の制限など、様々なルールがあるので公式サイト等で必ず確認してください。

    コスプレしたままでの入場・退場は禁止されています。怪しい取材や勧誘、しつこい撮影はきちんと断りましょう。
    コスプレは事前または会場での当日登録制で、登録には1日800円かかります。

    コスプレを撮る場合

    コスプレを撮影できる場所は決まっており、会場内にいくつかあるコスプレエリアと呼ばれる場所以外での撮影を禁止しています。企業ブースにいるコンパニオンさんの場合は、本人に撮影しても良いか聞いてみて、許可が降りれば大丈夫です。

    コスプレを撮影する際には必ず「撮影しても良いですか?」と聞き、許可を頂いてから撮影しましょう! でないと盗撮になってしまいます!

    いきなり声をかけるなんてハードルが高いよ! と思うかもしれませんが、コスプレエリアで立っている間は快く引き受けてくれるはずです。

    不安であればコスプレ撮影の小さな列ができているところもあるので、そこに勇気を出して並んでみると声をかけやすいと思います。

    撮影枚数や撮影方法は、常識の範囲内で行いましょう。要求するポーズなどは、相手に嫌だと思われないものにしましょう。

    撮影が終わったらお礼を言い、後ろに次の人がいる場合は速やかに次へ譲りましょう。

    当日のポイント〜全体編〜

    当日持っていくもの

    • 財布と多めのお金

    会場にはスリもいるので2つに分けておくと良いでしょう。会場内のATMのお金がなくなったという話もあるので、現地でお金をおろすのはおすすめできません。

    • 携帯電話と充電器

    なくても平気ですが、連絡用にあると安心できます。

    • サークル配置図とチェックリスト

    カタログから前もって抜いておきましょう。買いたい物がある場合は必須です。

    • 会場地図

    こちらもカタログから前もって抜いておきましょう。会場は広いので無いとないと迷ってしまいます。

    • 大きめのカバンや紙袋

    買ったものを入れる用に大きいものを持っていくと良いでしょう。

    • チャージ済みのSuicaなど

    周辺の交通機関は混雑するので、自宅付近の駅でチャージしていきましょう。

    • 飲み物と食べ物

    現地で調達するのは結構大変です!飲み物は利尿作用のあるお茶やコーヒーは避けたほうがいいかもしれません。食べ物は立ったままでも食べられるようなものが望ましいです。

    • ビニール袋

    食べ物のゴミなどを入れるのに便利です。

    • カイロやマフラー

    外の会場はとても寒いです! 防寒対策はしっかりとしましょう!

    あとは身分証や雨具やマスク、暇つぶし用のものなど必要だと思うものを用意していってください。

    会場は寒くて暑い

    会場の外は寒いですが、中は人が多く集まるからか予想以上に暖かいです。当日着てくる服装は、脱ぎ着が簡単なものがいいでしょう。

    携帯が繋がりにくいことも

    携帯各社の対策によりだいぶマシにはなってきましたが、基本的には通じにくいと思ったほうが良いです。

    なので会場内で後から合流する際には、場所と時間をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

    並んでる間のトイレ

    動きのない入場待機列の場合は、自分のいる位置に荷物を置き、周りの人に荷物を見てもらうようお願いしましょう。

    置引きをされる可能性もあるので貴重品は身につけましょう!

    動く可能性のある列の場合は、その場に留まるのが難しいので、その列を諦める必要もあります。

    なお、トイレも長蛇の列ができるので限界まで我慢せずに、早いうちに行っておきましょう。

    スタッフの指示に従う

    スタッフの指示には従いましょう。

    • 列の隙間を詰める
    • エスカレーターでは歩かない
    • 一方通行の通路・指定の場所の座り込み禁止

    など、スタッフの指示はいたるとこで飛び交いますので、安全のためにも必ず指示に従いましょう。

    絶対に無理をしない

    無理は禁物です!身体の調子が少しでも悪いと感じたらすぐに休み、改善しない場合はスタッフに知らせましょう。

    おわりに

    まだまだ細かいことはいくつかありますが、基本的には「事前にしっかりと準備をする」「人の迷惑になるようなことはせずコミケを楽しむ」ということを心がけていれば問題ありません。

    コミケには売り手も買い手も主催も全員がコミケをつくりあげる参加者であり対等であるという理念があります。コミケに参加する際には、そのことを頭の片隅に入れて節度を守って楽しみましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人