\ フォローしてね /

折り紙で簡単カワイイ!素朴で温かみのあるお年玉袋の作り方

折り紙で作る素朴で温かみのあるお年玉袋の作り方をご紹介します。

用意するもの

  • 折り紙(15cm x 15cm)・・・1枚
  • のり
  • はさみ
  • ペン
折り紙は、出来上がりのイメージに合うものを選ぶと良いでしょう。

お年玉袋の作り方

STEP1:真ん中に印をつける

折り紙が縦半分になるように四隅を合わせ、端に折り目を付けます。

折り目は目印に使うだけなので、ほんの少しで大丈夫です。

STEP2:両端を重ね、袋状にする

両端を中央に重ねて袋状にします。片方を先ほどの折り目より1cmほど内側に折り、もう一方を折り目のところで折るとバランスよく仕上がります。

STEP3:のりでとめる

重なった部分をのりで貼ります。

重なりは1cmほどなので、はみ出さないように気を付けてください。

STEP4:上下に折り目を付ける

上下2cmほどを折ります。

STEP5:四隅に折り目を付ける

四隅を1cmほど三角に折り込み、折り目を付けます。

STEP6:重なる部分を切り取る

上下の折りこみの内側の部分を切り取ります。

あとでこの部分は利用するのできれいに切り取ってください。

三角に折りこんだ四隅も切り落としましょう。

STEP7:袋の下の部分をのりで貼りつける

中央の重なりの右側が上になるように折り紙を置き、下の部分をのりで貼り、閉じます。

STEP8:宛名部分をつくる

切り落とした用紙で宛名部分をつくります。

先ほど切り落とした部分を、表の右上、裏の左下に貼り付け、宛名を記入できるようにしましょう。

STEP9:完成

宛名を書いて完成です。

上手に作るポイント

のりは水のりを使うと仕上がりがきれいではないので、スティックのりをお勧めします。両面テープでもきれいにできますよ。

おわりに

手作りならではの温かみのある袋。是非作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。