1. 料理
    2. お酒の使い方がポイント!安いお肉でもおいしくできる牛丼の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お酒の使い方がポイント!安いお肉でもおいしくできる牛丼の作り方

    安いこま切れや切り落としなど、あまり質のよくない牛肉で調理すると、臭みがあったり固かったりすることはありませんか。

    そこで今回は、それらの悩みを解決できる筆者おすすめの牛丼の作り方をご紹介します。調味料として入れる酒の使い方がポイントです。

    材料(2人分)

    • 牛切り落とし肉・・・250g
    • しょうがチューブ・・・3cm
    • 酒・・・100cc
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • 長ネギ(緑の部分)・・・5cm
    • 卵・・・2個
    • サラダ油・・・大1
    • 水・・・200cc
    • めんつゆ(3倍濃縮)・・・100cc
    • 砂糖・・・大1
    • ごはん・・・適量

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:牛肉をつけこむ

    牛肉をバットに入れ、しょうがを入れた酒を上からかけて手でよくもみこみます。そのまま5分置いておきましょう。

    STEP2:その他の下準備をする

    STEP2はSTEP1で牛肉をつけている間に作業します。

    玉ねぎを1cm幅にカットします。

    サラダ油を熱したフライパンに玉ねぎを入れて、中火で3分炒めます。

    ネギは小口切りにしておきます。

    STEP3:牛肉を入れる

    フライパンに牛肉を酒ごと入れて色が変わるまで中火で炒めます。今回は2分炒めました。

    STEP4:煮込む

    牛肉の色が変わったら、水・めんつゆ・砂糖を加えます。沸騰したら弱火にして、灰汁が出るようなら取り除いておきましょう。

    そのまま5分煮込みます。

    STEP5:完成

    ごはんを入れた丼に牛肉・ネギ・卵をのせたら完成です。

    作り方のコツ・注意点

    汁をたくさん残すために、めんつゆを入れたら火加減は弱火にしてじっくり煮込んでくださいね。中火もしくは強火だと水分が飛んでしまうので要注意です。

    おわりに

    いかがでしたか。最初に牛肉を酒につけこむことで、肉の臭みや固さを取り除いています。このレシピでしたら、高価な肉を買わなくても美味しい牛丼が作れますよ。

    少しでも参考にしていただけたら幸いです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人