\ フォローしてね /

たっぷり乗った脂が絶品!ぶりを使ったレシピまとめ

冬に旬を迎えることで有名な魚といえば「ぶり」ですね。旬の時期には「寒ブリ」と呼ばれています。漢字で書くと「鰤」となりますが、これは「師走にむかって脂が乗って美味しくなるから」という説があるそうです。また、出世魚ということで、縁起が良いとされている魚でもあるのです。

冬になると食べたくなるブリですが、あまり料理のレパートリーは多くないのが困りものですよね。いつもぶり照り・ぶり大根では飽きてしまう、もっと鰤が食べたい!という方に、「ぶり」を使ったレシピをご紹介いたします。

ぶりの基礎知識

一本釣りでも定置網漁でも捕れることから、食卓でもメジャーな魚です。旬は冬の時期で、産卵期に入るため体内の脂肪が多くなるということです。

この脂肪量はカンパチなどよりも多いので、冬の脂の乗った魚の代名詞にもなっています。縁起がいいということで、関西ではおせち料理に欠かせない食材として重宝されている魚でもあります。

しかし、産卵期が終わると一気に脂肪量も減るので、旬はそこまでということですね。

関東では大きくなるにつれて、モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35~60cm)→ワラサ(60~80cm)→ブリ(80cm以上)と呼ばれます。

ぶりを使ったレシピ

ぶりの照り焼き

やはりぶりと言えばコレですね。照りがきれいなほど食欲をそそります。身の脂と味付けのバランスが絶妙です!

定番料理なだけあって、ぶり照りにはいろいろな作り方があります。これらも参考にしてみてくださいね。

ぶり大根

ぶり料理のもう1つの定番、「ぶり大根」です。ぶりの旨味が染みた大根ももちろん絶品です!

ぶり大根にもいろいろな作り方があります。難しいぶり大根も、これでマスターしてみてくださいね!

ぶりの味噌漬け焼き

旬のぶりは味噌とも相性抜群です。長持ちして味も損なわない、2つの意味で嬉しいレシピですね!

ぶりのヴェリーヌ

ヴェリーヌとはグラスに盛り付けた料理のフランス呼びなのだそう。調理の仕方によっては、ぶりがこんなにおしゃれな料理にもなるのです!

ぶりちり鍋

脂の多いぶりをヘルシーに食べられるレシピです。骨もなく、刺身を鍋に投入するだけでできてしまう簡単料理ですよ!

ぶりの漬け焼き

こちらは醤油ベースの漬け焼きレシピ。醤油だけでなく塩麹も使っているので、より風味が引き立つ食欲をそそる逸品です!

ぶりしゃぶ鍋

煮過ぎてぶりの食感が楽しめないのは嫌だ、という方はこちら。厚さを調節するだけで、みんなで楽しめるしゃぶしゃぶになりますよ!

ブリを食べよう!

冬が旬だということもありますが、寒い季節にジューシーな身をアツアツで食べることができるという点も人気の1つなのかも知れません。

冬はぜひ「寒ブリ」を食べて元気に過ごしたいですね!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。