\ フォローしてね /

スーパーで究極の時短?!レジかごバッグの使い方

このライフレシピのもくじたたむ

レジかごバッグってご存知ですか?スーパーのカゴにセットできる大きめの鞄です。

店員さんがレジでカゴからカゴへ商品を移しますが、移される方のカゴにバッグをセットしておけばあとはバッグを閉めてそのまま持って帰るだけ。

袋につめる時間を節約できる上、プロ(レジの店員さん)が商品を見ながら「重いものは下、軽いもの・傷みやすいものは上」に置いてくれた状態のまま持って帰ることができるのです。

私も以前から知っていたのですが、最近使い始め、本当に便利で驚きました。なんでもっともっと早くから使わなかったんだろう、普及しなかったんだろうと不思議に思うほどです。

そんな便利なレジかごバッグ、周囲に勧めるといつも「どうやって使うの?どのタイミングでセットするの?」と質問されるので、私がやっている方法をご紹介したいと思います。おそらくこの方法が一番スムーズにできる方法かと思います。

レジかごバッグの使い方

STEP1:スーパーに行ったら、カゴを2つ取る

あと、カゴを乗せるカートも必要です。

STEP2:カゴの1つに「レジかごバッグ」をセット

かごの縁にひっかける感じで。

STEP3:バッグをセットしているカゴはカートの下に置く

バッグに直接商品は入れないこと。カートの上下2つのカゴにいっぱいになる買い物の場合にはこの方法は適しません。

STEP4:レジでは先にバッグをセットしたカゴを出しておく

こうすることでレジの店員さんに「これにつめてください」ということを早めに知らせることができます。

STEP5:店員さんが商品を移してくれる

STEP6:プロの技できれいに入る!

たいていの場合、お肉を小さいビニール袋には分けて入れてくれません。気になる方は後で自分で入れましょう。

STEP7:あとはバッグを閉めて持って帰るだけ

どこで買える?

最近はオシャレな雑貨屋さんでもよく見かけます。写真のバッグはイオン系のスーパーで買いました。

値段によって機能も若干異なるので(サイドにチャックがついてるかどうか、とか)よく見て購入してくださいね。

さいごに

今まで数分かかっていた袋詰め作業。時間もそうですが、袋詰め作業そのものがなくなることがこんなにも嬉しいことだとは思ってもみませんでした。

袋につめる台が満員の時も、それを横目にスーッと帰れることが気持ちいいです(笑)

ちなみにレジかごバッグを使うということはお店に対して「袋要りません」ということです。

「スーパーの袋、ゴミ袋として使ってるのよね」という方は(私がそうでした)別途ゴミ袋用のビニール袋は購入する必要があるかと思います。しかしそれをふまえても、コストパフォーマンスがよいと思います。オススメです!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。