1. コミュニケーション
    2. 年賀状をワンランクアップ!「謹賀新年」に代表される賀詞の基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    年賀状をワンランクアップ!「謹賀新年」に代表される賀詞の基礎知識

    年賀状を書くとき、いつもなんとなく使ってしまう「謹賀新年」という言葉。実際はどういう意味なのか、そういえばよくわからない……なんて方、多いのではないでしょうか?

    「謹賀新年」とは、「賀詞(がし)」というお祝いの言葉の一種です。賀詞には使い方に色々と決まりがあるので、知らずに使うと危険かもしれません!正しい使い方を覚えて、「おっ」と思われる年賀状を書いてみましょう。

    今回は「謹賀新年」に代表される賀詞の正しい使い方、意味について紹介したいと思います。

    「賀詞」の基礎知識

    そもそも賀詞とは?

    もともとは年賀に限らず「お祝いの言葉」全般を「賀詞」と呼んでいましたが、最近では特に年賀状に用いる新年のお祝いの言葉を賀詞というようになりました。

    賀詞によく使われる漢字の意味

    賀詞には、よく使われる漢字があります。「謹賀新年」に含まれる文字はもちろん、なんとなくおめでたい気分になる漢字ばかり。

    これらの漢字にも、それぞれ意味があります。

    「賀」 祝いの気持ちを表す。
    「寿」 祝いの気持ちを表す。
    「福」 祝いの気持ちを表す。
    「禧」 祝いの気持ちを表す。
    「慶」 祝いの気持ちを表す。
    「春」 新年の喜びを表す。
    「謹」 つつしんで。相手を尊ぶ。
    「恭」 うやうやしく。礼儀正しく丁寧。
    「敬」 尊んで礼儀を尽くす。
    「頌」 ほめたたえる。

    こうしたおめでたい意味を持つ漢字が入っている賀詞を使うことで、相手への礼儀を尽くすことができます。

    「謹賀新年」から考える賀詞の意味・使い方

    賀詞の意味

    「謹賀新年」とは、「謹んで新年の喜びを申し上げます」という意味です。うやうやしくかしこまった表現の新年の挨拶がたった4文字でできてしまう、なんとも便利な言葉です。

    賀詞を使うと、長くなりがちな挨拶も短縮できます。活用すれば、小さいハガキでもしっかりと気持ちを伝えることができますね。

    賀詞の使い方

    年賀状で「謹賀新年」と書いた後に「明けましておめでとうございます」と書いてしまうと、意味が重複してしまいます。避けたほうがいいでしょう。

    ただし、年賀状に「謹賀新年」の文字がデザインとして使用されている場合には、この限りではありません。

    賀詞を多用すると、くどい印象の年賀状になってしまう可能性があります。賀詞には意外に多くの意味が含まれているので、使いすぎていないかチェックしながら文章に盛り込みましょう。

    賀詞の使い分け

    漢字の賀詞の使い分け

    贈る相手 文字数 使える漢字
    部下、同僚、友人など 1文字 「寿」「福」「賀」「春」「禧」「吉」「安」「慶」「和」など
    ^ 2文字 「迎春」「新春」「賀正」「年賀」「慶賀」「芳春」「寿安」など
    上司、取引先など 4文字 「謹賀新年」「恭賀新年」「謹賀新春」「敬頌新禧」など

    賀詞の基本は4文字です。探せば他にも数多くあるのですが、目上の人に送る場合には「謹」「恭」「敬」「頌」などの漢字が入った賀詞を使っておくのが無難でしょう。

    1文字や2文字の賀詞は、どれもおめでたい意味は持つのですが、簡素なので丁寧さには欠けます。目上の人には使わないようにしましょう。

    文章の賀詞

    「明けましておめでとうございます」「新年のお慶びを申し上げます」など、文章の賀詞もあります。

    英語の賀詞「Happy New Year」を使うと、おしゃれな年賀状に仕上がります。

    「A Happy New Year」だと、「良いお年を!」という大晦日の挨拶になってしまいます。

    賀詞を使いこなしてワンランク上の年賀状に!

    「謹賀新年」以外にも賀詞はたくさんあります。相手に合わせて使い分けられれば、年賀状もワンランクアップできそうですね。賀詞を使いこなして、新年の喜びをより伝えられる年賀状を作ってみましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人