\ フォローしてね /

意外と知られてない?節分には福茶を飲んで福も暖もとっちゃおう

節分といえば豆まき!が一般的ですね。最近では大阪でよく行われていた恵方巻きを食べる習慣も一般的になってきたように思います。

しかし、同じ節分に行うことでも知名度が低いのが福茶

人によっては毎年飲むという人もいれば、福茶って何?という人もいるでしょう。福茶はだれでも作れる簡単なものですので、ぜひこの機会に知って、節分を温かく過ごしてください。

そもそも福茶とは?

福茶は節分に限らず、お正月や大晦日に縁起物として飲むお茶です。節分のときに飲む福茶は、こんぶ、梅干、福豆で作るのが一般的。その時節によって素材を変える、日本ならではの楽しみ方があります。

  • 昆布:よろこぶ
  • :おめでたい松竹梅&毒消しに
  • 福豆:まめまめしく働ける

節分の福茶には、以上のような3つの意味が込められています。縁起のいい福茶を飲んで、1年間の無病息災を願いましょう。

福茶を飲むタイミング

福茶は豆まきをした後、手元に残った豆を使って作ります。豆まきは夜に行う行事ですので、豆まきを終えてから夕飯を取って福茶を飲むというのもいいですし、夕飯を先にすました後に豆まきを行って福茶という流れでもいいですね。

作り方

基本は、梅干と昆布と福豆をじっくりと煮込んで味を出していきます。福豆そのものの味が出て美味しいですよ。

煮込むのが面倒な方は、湯呑に梅干と塩昆布、吉数にちなんだ3粒の福豆を入れて、最後にお湯かお茶(煎茶)を注いで出来上がりという簡単な方法もあります。

また、福豆や梅干を煎って香ばしさを出したりするところもあるようです。

オリジナルの福茶をアレンジしてみましょう!

歳の数だけ食べるのはちょっと苦しい年齢に

節分の日には歳の数だけ福豆を食べる。そんな習わしもあって律儀に歳の数だけ食べている人もいるでしょう。ですが年齢を重ねてくると、そんなに食べるのはちょっと大変なものです。

福茶なら、福豆を入れて出汁をとれば、食べなくても同じように縁起を担げるとされています。食べなくてもいいというのは嬉しいポイントですね。

福茶は飲むだけで福も暖も取れるという、嬉しい飲み物です。節分は立春とも近く、暦上は春を感じる時期ですが、体感的にはまだまだ寒い。

そんな時期は、福茶で暖を取って元気に過ごしてくださいね。

(image by amanaimages)
(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

ライフレシピをさがす

タグからさがす

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。