\ フォローしてね /

濃厚な味がやみつきに!牡蠣のお好み焼きの作り方

お好み焼きは定番の豚肉・海老・イカの他にも、色々な具材の組み合わせを楽しめるメニューですよね。どんな具材でもふわふわの生地と相性ぴったりです。

ここでは、数あるアレンジ具材の中でも、牡蠣を具に使ったお好み焼の作り方をご紹介します。

材料(2枚分)

  • 牡蠣:1パック
  • 豚コマ肉:100g
  • キャベツ:4~5枚
  • お好み焼粉:200g
  • 牛乳:1カップ
  • 卵:2個
  • 揚げ玉:大さじ1
  • 干しエビ:大さじ1
  • サラダ油:大さじ1/2
  • バター:1片
  • お好み焼ソース:適量
  • マヨネーズ:適量
  • 青のり:適量
お好み焼き粉・牛乳(または水)・卵は、使うお好み焼き粉の袋に書いてある分量にしてくださいね。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:キャベツを刻む

キャベツの芯を取り除いて、千切りにします。

STEP2:生地を作る

お好み焼き粉、牛乳、卵をボウルに入れます。

ダマがあまりできないように、よくかき混ぜます。

STEP3:キャベツを入れる

生地にキャベツを入れます。

STEP4:揚げ玉と干しエビを入れる

揚げ玉と干しエビを入れて、ざっくりと混ぜ合わせます。

STEP5:生地を焼き始める

200度に温めたホットプレートにサラダ油をひき、生地の半分を入れて焼き始めます。

STEP6:牡蠣を焼く

ホットプレートの空いたところでバターを溶かし、牡蠣を焼きます。バターがやや焦げる程度まで30秒~1分程度焼きましょう。

STEP7:豚肉を焼く

ホットプレートの空いたところで、豚コマ肉を赤いところがなくなるくらいまで両面をさっと焼きます。

STEP8:牡蠣と豚肉を生地に乗せる

牡蠣と豚コマ肉を生地の上に乗せます。

STEP9:ひっくり返して焼く

片面を3~5分ほど焼いたら、生地をひっくり返して、もう片面も2~3分ほど焼きましょう。

STEP10:出来上がり

適当な大きさに切って、お好み焼ソース、マヨネーズをかけ、青のりを散らしてできあがりです。

作り方のコツ

生地を作るときに水の代わりに牛乳を使うことで、生地がふっくらと仕上がります。

また、牡蠣をバターで焼いて合わせることで、濃厚な牡蠣の味に更にコクが加わります。

おわりに

広島風のお好み焼きというと、焼きそばをたっぷりと入れ、目玉焼きを合わせたものですが、広島の名産物を使っていないのはどうしてだろうと思ったのがきっかけです。

ちょっと焦げたバターで風味をつけた牡蠣にお好み焼のソースがとてもよく合います。

とてもおいしいので、お好み焼きをするときには是非試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。