1. 暮らし
    2. 意外と知らない大人の常識!喪中・忌中のときにしてもいいこと・ダメなこと

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    意外と知らない大人の常識!喪中・忌中のときにしてもいいこと・ダメなこと

    どんな人もいずれ死を迎えるとはいえ、親族が亡くなるのはとても悲しいことですよね。しかし悲しみに暮れる中でも、やらなければいけないこと・やってはいけないことをしっかり整理しなければならず、遺族は忙しいものです。

    故人を偲ぶ期間を「喪中」や「忌中」といいますが、その期間の過ごし方にはマナーがあります。頻繁にあることではないので、「やってもいいこと」と「いけないこと」の線引きがよく分からない方も多いのではないでしょうか。

    ここでは、喪中・忌中にやってもいいこと、やってはいけないことをご紹介します。

    「喪中」と「忌中」について

    忌中と喪中の違いって?

    忌中とは、「穢れである死を忌む期間」のことです。神事・結婚式・その他お祝いの席はとくに控えるべきとされています。故人の死後、最大50日の忌明けまでを忌中といいます。

    喪中は、「故人を偲びつつ、通常の生活へと戻っていく期間」です。神社への参拝ができるようになるなど、忌中ほどは制限されません。故人の死後、最大13ヶ月を喪中といいます。

    これらの期間は重なっていますが、死後最大50日までは忌中といい、忌明けすると喪中というのが一般的です。

    期間はいつまで?

    自分と故人との関係でそれぞれの期間が決まります。

    父母・配偶者 忌中 50日
    ^ 喪中 12~13ヶ月
    子ども 忌中 20日
    ^ 喪中 3~12ヶ月
    兄弟姉妹 忌中 20日
    ^ 喪中 30日~6ヶ月
    祖父母 忌中 30日
    ^ 喪中 3~6ヶ月
    叔父叔母 忌中 20日
    ^ 喪中 喪中としない
    これらはあくまでも目安です。

    避けるべきこと

    年賀状・正月行事

    忌中・喪中にやってはいけないことの代表例ですね。お正月は国全体でお祝いをする大きな行事ですが、忌中・喪中はこれを避けます。

    忌中・喪中の間は、相手が年賀状を出す前に喪中はがきを送るようにします。玄関飾りや鏡餅なども控えましょう。

    元旦が忌中期間だとしても、「喪中はがき」で差し支えないようです。

    参拝・神社の鳥居をくぐる

    初詣などで神社にお参りをする機会があると思いますが、忌中は参拝を控えるべきだそうです。神様は穢れを嫌うので、鳥居をくぐってのお参りは忌中が過ぎてからにしましょう。

    忌中後であれば、喪中の期間でも鳥居をくぐって参拝しても問題ないとする場合が多いようですが、「忌明けしても鳥居の横を通るべき」「1年間は参拝を控えるべき」など、地域や神社によって異なります。

    鳥居をくぐることは、「神様の領域に入る」ことを意味しています。

    結婚式・披露宴

    お祝いごとですから、なるべく避けたほうがいいでしょう。忌中はとくに避けます。とはいえ、もともと日程が決まっているのであれば、参列者の都合などもあるので、予定通り行うケースが多いようです。

    旅行

    忌中はもちろん、喪中は「故人を偲び、祝い事や遊興を避ける」期間ですので、遊興要素を含む旅行はしないようにしましょう。

    避けなくてもいいこと

    お中元やお歳暮

    感謝の気持ちを伝えるものなので、贈っても問題はありません。ただ、忌中期間の相手に贈ると香典の意味合いが強くなってしまうので、忌明け後が無難です。

    また贈る際は、紅白の水引や熨斗(のし)は掛けないようにしましょう。

    七五三

    忌中は神社への参拝ができないので避け、忌明け後に神社へ参拝して成長を祈念するのがベストです。基本的にお祝いごとは避けるべきとはいえ、子どもに関わることなので、参拝する人が多いようです。

    引っ越し

    これもやはり忌中は控えるべきですが、忌明け後なら転居は問題ないそうです。転勤や進学等でどうしても転居しなくてはならないケースをのぞき、引っ越しは忌明け後にしましょう。

    入籍

    結婚式や披露宴は行わないようにしますが、入籍だけならお祝いというよりは書類上のことなので、特に避けなくてもいいそうです。

    暑中見舞い・残暑見舞い

    「見舞う」という言葉からわかるように、これらは相手の体調を気遣うものなので、贈っても問題ありません。

    神社へのお参り

    先述したように、忌明け後は神社へのお参りが可能です。

    意外と知らない大人の常識

    喪中期間にしてもいいこと・いけないことをご紹介しました。忌中はお祝いごとや遊興を避け、派手は行動は慎むのが常識です。うっかりマナー違反をしていたなんてことがないように気をつけましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人