1. 料理
    2. 今さら聞けない?「メイソンジャーの基本サラダ」の作りかた

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    今さら聞けない?「メイソンジャーの基本サラダ」の作りかた

    NYで流行中なのが、メイソンジャーを使ったサラダレシピ。密閉できる保存瓶なので、1週間分をつくりおきして冷蔵庫に入れておけば、新鮮な野菜を毎日気軽に食べることができます!

    ですが、最初から1週間分も用意するのはなかなか大変。メイソンジャー自体を5つも持っていないという方もいらっしゃいますよね。

    そこでここでは、2日分レシピで、「メイソンジャーの基本サラダ」を作ってみました。まずは2日間からはじめてみませんか?

    材料(480ml×2日分)

    • トマト:大1個
    • 茹で卵:2個
    • きゅうり:1本
    • たまねぎ:小1個
    • レタス:2枚
    • 市販のドレッシング:大さじ1~2
    メイソンジャー480ml×2本分のレシピです。茹で卵は固ゆでにしておきます。
    ドレッシングはセゾンファクトリーのたまねぎドレッシングを使いました。お好みのドレッシングを使ってください。

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:煮沸消毒する

    メイソンジャーはお湯で煮沸消毒しておきます。蓋もお湯に入れて消毒しておくといいでしょう。

    STEP2:野菜を準備する

    たまねぎは皮を剥いて千切りにし、ボウルなどに水・氷と入れてアク抜きをします。

    切ってそのまま入れると苦味があるので、アク抜きをしてから入れます。

    メイソンジャーに入れる前に、キッチンペーパーで水気を拭いておきます。

    トマトはへたを取って乱切りに、きゅうりは斜め切りの薄切りにします。茹で卵はスライサーで薄切りにしておきます。

    気になるようなら、トマトは湯剥きをしておいてください。

    STEP3:瓶に詰める

    メイソンジャーに入れる順番は、

    • 1:ドレッシング
    • 2:固いもの
    • 3:たんぱく質を含むもの(ツナや卵、大豆など)
    • 4:葉もの野菜で最後に蓋

    が基本です。ドレッシングの次に入れるものは、保存している間にドレッシングでマリネのようになるので、マリネ向きの野菜がおすすめです。

    ドレッシングは、大さじ1~2の分量がおすすめで、軽く詰める分には大さじ1、ぎゅっと詰める分には大さじ2が適当です。

    トマト、ゆで卵、きゅうりを入れます。

    その上に、たまねぎ、レタスをちぎって入れます。

    レタスは他の野菜の量もあるので、瓶の空き容量を見てちぎりながら入れましょう!

    STEP4:蓋をする

    瓶の口まで野菜を入れたら蓋をします。

    蓋は二重構造になっているので、取り外して、片方をまず瓶の口に置きます。

    もう片方を上からはめて、瓶の口を閉めます。

    メイソンジャーで作るサラダができました!

    作り方のコツ

    コツは、入れる順番。一番下にドレッシングを入れること、野菜は固い順に下から、最後は葉物野菜で蓋をすると上手にできます。

    持ち歩きの時は、使い捨てができるお皿やプラスティックフォークを持っていくのがおすすめ。食べる前に上下を振ると野菜全体にドレッシングがからまり、おいしく食べられますよ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人