\ フォローしてね /

余った節分豆で作るご飯のおかず「大豆とさんまの煮物」の作り方

節分の豆まきに使った炒り大豆が余ってしまったら、ご飯のおかずが作れますよ。さんまの蒲焼き缶詰と一緒に煮た料理「大豆とさんまの煮物」を紹介します。

炒り大豆が香ばしく甘辛く味付けしてあるので、白いご飯によく合います。

材料(4人分)

  • 炒り大豆…80g
  • さんまの蒲焼き缶詰…1缶
  • 乾燥ひじき…5g
  • にんじん…1/3本
  • 水…1カップ
  • 酒…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1
  • 砂糖…小さじ1
  • 和風だし…小さじ1
  • サラダ油…小さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:ひじきを戻す

乾燥ひじきは、ぬるま湯に5分ほど浸して柔らかく戻します。

STEP2:にんじんを切る

にんじんは、3cm長さの細切りにします。

STEP3:ひじきとにんじんを炒める

鍋にサラダ油を熱して、にんじんとひじきを入れて、中火で2分ほど炒めます。

STEP4:炒り大豆とさんまの缶詰などを加える

炒り大豆、ほぐしたさんまの蒲焼きを汁ごと、水、和風だし、酒、しょうゆ、砂糖を加え、沸騰したら弱火で15分ほど煮ます。

完成!

器に盛り付けたら完成です。

作り方のコツ・注意点

STEP4で煮たあと、すぐに召し上がれますが、蓋をしてしばらく置くと、より豆が柔らかく味が馴染んでおいしくなります。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。