\ フォローしてね /

なんとなくわかった気になる!フィギュアスケートの基礎知識

日本でもすっかり冬のスポーツとして定着したフィギュアスケート。きらびやかな衣装を見に纏い、リンクの上を舞い踊る選手たちの姿は、見るものを圧倒し、感動させます。2014年もフィギュアスケート選手たちは様々な功績や話題を残し、私たちに涙を流させ、また笑顔にしてくれました。

今回は誰もがわかっているようでわかっていないであろうフィギュアスケートのあれこれについて紹介します。読み終わるとなんとなくフィギュア通になった気になるかもしれません。

フィギュアスケートの採点方法

フィギュアスケート、見るのは好きだけどルールとか採点とかよく分からないな……と思っている方もいるのではないでしょうか。

フィギュアスケートは2年ごとにルールを見直して少しずつ改定しています。ここで紹介するのは現在の採点方式です。

3種類の点数

フィギュアスケートの点数は3つに分けられます。

  • 技術点
  • 構成点
  • 減点

ショートもフリーもこの3つで構成されています。

技術点

技術点とは、スケートのプログラムの一つ一つの要素(ジャンプ、スピンなど国際スケート連盟に規定された技)に与えられる点です。ジャンプは回転数やジャンプの種類によって点数がつけられ、スピンは技への入り方や姿勢によって点数がつけられます。

構成点

構成点とは、フィギュアスケートのプログラム全体を通して判断される5つの項目による合計点になります。日本語では「演技構成点」「芸術点」とも言われます。

以下が採点対象となる5つの項目です。

  • スケート技術(SS)
  • 要素のつなぎ(TR)
  • 動作、身のこなし(PE)
  • 振り付け、構成(CH)
  • 曲の解釈(IN)

5つの各項目を10点満点で、0.25点刻みで評価します。その点数に係数をかけたものが構成点となります。

男子、女子それぞれの係数は、

  • 男子シングル:SP 1.0 FP 2.0
  • 女子シングル:SP 0.8 FP 1.6
  • ペア    :SP 0.8 FP 1.6

となっています。  

係数は、総合得点を出すときに、およそ技術点と構成点が同じぐらいになるようにかけられています。技術的要素だけ重視、構成だけ重視、といった事態を避けるために考案されたようです。

ショート、フリーの違い

ショートプログラム(ショート)とは

演技時間は2分50秒以内です。ショートプログラムではやることが決められています。自分で自由に選んだ曲を、ジャンプ、スピン、ステップからなる合計7個の要素で構成されたプログラムをのせて滑走します。これら7個の要素は必ず行わなければならず、またそれ以上のことをすると減点になります。

フリースケーティング(フリー)とは

演技時間は、男子は4分30秒程度、女子は4分程度(男女共に10秒前後の増減は可能)で、ショートと比べて長めです。自分で自由に選んだ曲を、原則的に自由な演技で表現できる、とされています。13個の要素が演技可能ですが、それ以外の要素を入れても得点にはなりません。

ジャンプの種類

ジャンプの種類は以下の6種類です。

トウループ

一番簡単だとされるジャンプ。右足左側のエッジ(スケート靴についているすべるための金具)に乗り、左足のトウ(スケート靴のつま先についている出っ張り)をついて踏み切ります。

サルコウ

左足内側のエッジで滑りながら、右足を前前方に振り上げて飛びます。

ループ

右足外側のエッジで滑りながら、左足を少し前に出して、滑ってきた勢いを使って踏み切ります。

ルッツ

少し長めに左足の外側エッジに乗って後ろ向きに滑走し、左肩をぐっと入れて右のトウをついて跳びます。

フリップ

ルッツとよく似ており、見分けが難しいジャンプです。ジャンプする直前(ここで瞬間的に後ろ向きになる選手も多い)に左足内側のエッジに乗り、右のトウをついて跳びます。

アクセル

一番難しいとされるジャンプです。ジャンプの中で唯一前向きに踏み切って回転して跳びます。回転時に体の前で手をばってん印にする選手が多いです。

これらのジャンプにダブル(2回転)、トリプル(3回転)などの要素が付いてダブルアクセル、トリプルルッツなどという技の名前になります。

スピンの種類

スピンとはジャンプではなく着氷した状態で回転する技のことです。スピンの種類は4つあります。

シットスピン

しゃがんだ状態のスピン。軸足でない足をきれいに伸ばしていることが基本。

キャメルスピン

片足を氷と平行になるように伸ばし、T字型になって回転するスピン。

レイバックスピン

片足を軸に、上体を反らして回るスピン。

ドーナツスピン

キャメルスピンの変形で、伸ばしていた足を片手で持ち回転するスピン。上から見るとドーナツ型に見えます。

ビールマンスピン

両手あるいは片手で軸足でないほうの靴のブレードを持ち、高く頭上まで持ち上げ、回転するスピン。

ステップの種類

ステップとは、エッジの様々な場所に体重を乗せ、ダンスを踊っているかのように滑る技のことです。以下の3つがあります。

イナバウアー

片足は曲げて前に、もう片足は伸ばした状態で後ろに引いて、横方向に滑る技術。トリノ五輪で荒川選手がやっていたときには、かなり上体を反らせていましたね。

イーグル

両足を伸ばした状態でつま先を180度に開いた状態で滑っていく技。姿勢の美しさがポイントになります。

バタフライ

氷をけってジャンプし、一瞬体と氷を平行にする技。この技を取り入れることで演技に迫力が出ます。

選手たちの活躍に期待!

2014年も様々な話題を提供してくれたフィギュアスケート選手たちでしたが、2015年もその勢いはとどまることはないでしょう。ケガや休養などに悩まされた選手も多かったですが、またリンク上でより大きな輝きを放ってくれることに期待しています。

(image by amanaimages)
(image by 足成1 2)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。