\ フォローしてね /

お正月遊び「羽子板つき」の遊び方と意味

お正月は、昔も今も日本の年中行事のなかで一番「ハレ」やかで大切な行事です。お正月にまつわる遊びはたくさんありますが、女の子の遊びの代表が「羽根つき」でした。その意味と遊び方をご紹介しましょう。

羽根つきの歴史

羽根つきの歴史は古く、室町時代には宮中行事のひとつとして記録されています。その後、江戸時代に一般に広まりました。

昔は、宮中で恭しく行われた文化行事がその権威づけもあってだんだんと一般に広がっていったことが多くなっています。

美しい晴れ着を着て行う羽根つきは、勝負を争うというより、お正月という特別な行事をより華やかに彩る遊びとして受け継がれてきました。

普及のゆえんは厄除けにあり

「羽根」は、無患子(ムクロジ)という植物の種。つまり、子供が患わないとの語呂合わせで、子供の厄除け・無病息災に通じます。

また、ムクロジの種に穴をあけ、美しい羽根をつけたものが羽根です。

これは、子どもの病気をもたらす、蚊を食べるとんぼのカタチに似せて作り、2重に子供の厄除け・無病息災のまじないとなっていました。

羽子板の種類と遊び方

  • 押し絵羽子板

桐の板の上に華やかな布を使ってお姫さまや役者絵を3Dな立体的に仕上げたもの。江戸時代中期からの伝統工芸で、鑑賞用の羽子板でお正月飾りともなります。

  • 実技用羽子板、

板の表裏に絵を描いただけの平面的な羽子板。実際に羽根つきして遊べるものです。

用意するもの

  • 羽子板
  • 羽根
  • 墨またはマジック   罰用ですが、なくてもOK

羽根つきの遊び方

  • STEP1 羽根を相手に向かって打つ。
バドミントンでいえば、サーブです。
  • STEP2 羽根を打ち返す。
レシーブですね。打ち返し方の基本は、カラダの前ですくいあげるようにする

受けそこなう、打ちそこなうと、顔に墨をぬられるというバツを行うこともあります。顔に墨を塗るのも、厄除けに通じます。

  • STEP3 好きなだけ続ける

先に何点とったかというルールはとくになく、羽根を落とさず何回続けられるかが基本です。

おわりに

毎年12月17日18日には浅草で羽子板市が盛大に開かれます。今年はスカイツリー見物も兼ねて、観光に行ってみてはいかがでしょう?

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。