\ フォローしてね /

簡単お弁当にも!「メイソンジャーのまぐろフレークご飯」の作りかた

流行中のメイソンジャー。お弁当にサラダ以外のものが食べたくなったのなら、メイソンジャーをお弁当箱のようにして使ってみるのはどうでしょうか。

ご飯とまぐろフレークを重ねて層にした「メイソンジャーのまぐろフレークご飯」。詰めただけなのに、なんだかおしゃれにも見えます。

材料(1人分)

  • ご飯・・・200g
  • まぐろフレーク・・・1缶
  • レタス・・・2枚程度
  • 卵・・・1個
  • しょう油・・・小さじ1/2程度
  • きざみのり・・・適宜
まぐろフレークは、70gのものを使いました。ツナ缶、さんまのかば焼き缶詰などでも代用できます。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:メイソンジャーを洗っておく

メイソンジャーは、蓋、瓶ともきれいに洗っておきます。

保存したいときは煮沸消毒しますが、今回は持ち歩くだけなのできれいに洗って使いました。気になる人は煮沸消毒してください!

STEP2:いり卵を作る

卵焼きフライパンに分量外のサラダ油(小さじ1程度)を敷いて、その中に溶き卵を入れて菜箸で混ぜていり卵を作ります。

余熱があるので、全て固まる前に火を止めてしまい、菜箸でかき混ぜます。

STEP3:メイソンジャーに詰める

ご飯は半量をメイソンジャーに詰めます。その上にちぎったレタスを乗せます。

まぐろフレークを入れ、いり卵を入れます。

まぐろフレークは水分を切らずにそのまま入れます。

その上からレタス、ご飯、きざみのりを詰めます。

STEP4:蓋をして完成!

蓋をしっかり閉めたら完成です!

作り方のコツ・注意点

横から見て、きれいな層になるように詰めていくのがコツです!レタスの緑、まぐろフレークの茶色、卵の黄色がポイントです。

食べるときは、長めのスプーンで、層を崩すようにして食べるのがおすすめ。まぐろフレークの濃いめの味がご飯やレタスに合う!

詰めるだけの簡単お弁当なのにおしゃれに食べることができます。メイソンジャーは密閉力が高いので、きちんと蓋を閉めておけば、横に倒して持ち歩いても水分がこぼれません。

ご飯の量は200g入れましたが、ふんわり詰めるのなら150gくらい。200gだと女性には少し多いので、適量を詰めてみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。