1. 料理
    2. はかりいらず!ホットケーキミックスチョコクッキーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    はかりいらず!ホットケーキミックスチョコクッキーの作り方

    はかりを使わずに、簡単に作ることができるスイーツのレシピです。ホワイトデーのお返し用に、男性でも気軽に簡単に手作りすることができるレシピはできないかと思って考えたレシピです。

    材料はホットケーキミックスを使用するので、面倒な粉ふるい等の作業もいりません。材料の計測には、計量スプーンと計量カップを使用します。

    混ぜるだけで失敗しにくい簡単レシピなので、お菓子作りが不慣れな方や、初心者の方にもおすすめです。ぜひ作ってみてください!

    材料(7cm×7cmクッキー15枚分)

    • ホットケーキミックス:200g
    • ココア:大さじ2杯半
    • 牛乳:80ml
    • 砂糖:大さじ6杯
    • バター:90g
    • ココナッツファイン:大さじ2杯

    ホットケーキミックスは、1袋200g入りのものを購入するとそのまま計量せずに使用できます。ココア、砂糖、ココナッツファインは計量スプーンではかります。

    バターは、バターの包み紙に計量の目盛がついている(10gごとが多い)ものや、10gごとに分かれているものもあるので、そういったものを利用して分量をはかると便利です。

    ココナッツファインが手に入らない場合は、チョコチップや、ピーナッツを砕いたものでもおいしく仕上がります。

    チョコクッキーの作り方

    STEP1:ホットケーキミックスとココアを混ぜる

    ホットケーキミックスとココアをボウルに移し、スプーンでムラがなくなり均一になるようよく混ぜます。

    STEP2:バターを溶かす

    バターを耐熱容器に入れ、ラップをせずに1000Wの電子レンジで1分加熱します。すると、バターが液体状になります。

    1000Wよりも電子レンジのワット数が少ない場合には、バターが焦げないように様子を見ながら、加熱時間を少し長くすると良いでしょう。

    STEP3:ボウルに牛乳と砂糖を入れて混ぜる

    ボウルに分量どおりの牛乳と砂糖を入れ、泡だて器でかき混ぜます。

    STEP4:牛乳と砂糖に、ステップ1の粉類を加える

    牛乳と砂糖に、STEP1でよく混ぜ合わせたホットケーキミックスとココアを加えてヘラで切るように混ぜ合わせます。生地がボソボソとしており、固く混ぜにくいので、ボウルの底から粉っぽさが完全になくなるように、根気強く混ぜ合わせてください。

    粉っぽさがなくなったらココナッツファインを入れ、よく混ぜ合わせます。

    STEP5:溶かしバターを加える

    溶かしたバターを生地に加え、分離しないようにヘラでよく混ぜ合わせます。これで生地の完成です。完成した生地を冷蔵庫で1時間ほど休めると、さらにおいしく仕上がります。

    STEP6:生地を焼く

    冷蔵庫で休ませた生地を取り出し、スプーンですくってクッキングシートを敷いた鉄板の上にのせます。形は、こんもりとしたなだらかな小山のような形にします。出来上がりの大きさが、7cm×7cmくらいのものを作るには、4cm×4cm程度の大きさにすると良いでしょう。

    焼くと、1.5倍程度膨らみます。そのため、クッキーとクッキーの間は写真のように5cm以上開けることが望ましいです。180度のオーブンで13、4分ほど焼いて完成です。

    STEP7:完成!

    クッキーが焼けたら、熱いうちにクッキングシートからはがして冷まします。冷めたら完成です。

    大きめのアメリカンなクッキーなので、クッキー2、3枚を透明な袋に入れて縛るだけでも見栄えがよくギフトに最適です。

    作る際に注意すべき点

    このクッキーはホットケーキミックスを使用しているため、とてもよく膨らみます。焼く際は、クッキーとクッキーがくっつかないように、十分間隔を空けて(5cm以上)並べることがポイントです。

    また、クッキングシートからはがす際は崩れやすいので、クッキーの下にフライ返し等ですくうようにしてはがすと良いでしょう。冷めると崩れにくくなります。

    おわりに

    このクッキーは、冷蔵庫で生地を休ませる時間を除けば、30分以内ですぐに思い立って作ることができるようなお手軽レシピです。

    粉ふるいや、湯せんでバターを溶かす作業、クッキーの型抜きのような製菓を作る際の面倒な作業をすべて省いたレシピなので、面倒な作業が苦手な男性の方でもあっという間に作ることができると思います。今年のホワイトデーのお返し用にぜひ作ってみてくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人