\ フォローしてね /

ホワイトデーに!コーヒー香るアイスボックスクッキーの作りかた

ホワイトデーに男性におすすめしたいのはアイスボックスクッキー。一見、難しそうに見えますが、手順をちゃんと踏まえて作ると市松模様はそこまで難しくありません。

使ったのはスターバックスVIA。ほんのりコーヒーの香りがする大人向けのクッキー。「コーヒー香るアイスボックスクッキー」の作り方です。

材料(小39個分)

  • 薄力粉…200g
  • 無塩バター…100g
  • 卵…Mサイズ1個(50g程度)
  • きび砂糖…80g
  • スターバックスVIA…2本(2.1g×2)
きび砂糖は上白糖でも代用できます。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:バターを溶かす

バターは耐熱容器に入れて、1000Wの電子レンジで1分20秒加熱し、バターを溶かしておきます。

溶かしておくことで、生地作りが楽ちんになります!

STEP2:粉類を合わせる

小麦粉ときび砂糖を合わせます。小さい泡立て器で混ぜて生地を均一にしておきます。

ひと手間ですが、やっておくと砂糖の味が生地に均一になじみます。

STEP3:生地を作る

卵を割りほぐします。

STEP2の粉類に卵、溶かしたバターを混ぜて、生地を作ります。

ゴムべらでもいいのですが、ポリエチレン手袋を使って生地を練りました。やりやすい方法で生地をひとつにしてください。

STEP4:アイスボックスクッキー(プレーン)を作る

重さをはかって、1/2の量を長細い正方形にします。

ラップを巻いて形を整えます。

半分の量をプレーンに、半分の量をコーヒー味にします。

STEP5:アイスボックスクッキー(コーヒー)を作る

STEP4で取り分けた1/2の量にVIAを入れます。

ポリエチレン手袋をして練り込み、全体に均等に色が混ざったら生地は完成。

プレーンと同じ形にします。

どちらもラップを巻いて、冷凍庫で30分。生地が固くなり、扱いやすくなるまで冷凍庫に入れておきます。

STEP6:冷凍庫から出す

冷凍庫から出します。固すぎる場合は電子レンジで10秒程度加熱すると、扱いやすくなります。

STEP7:成形

どちらの生地も縦半分に切ります。

プレーン生地・コーヒー生地をそれぞれ入れかえます。

横に半分に切ります。

それぞれ入れかえて市松模様にします。

この時、中心がぴったりくっついているとキレイに見えます。

側面を包丁で切って、四角形にします。

中心を揃えると、側面がでこぼこすることもあります。その場合は包丁でカットして微調整します。

端からカットしていき、オーブンシートを敷いたトレイに並べます。

STEP8:完成

予熱をしておいた180度で13分加熱したら完成です!

冷凍庫から生地を出した時に、オーブンの予熱をしておくとスムーズに進みます。

作り方のコツ・注意点

市松模様のアイスボックスクッキーができました。バター多め、砂糖も入っていて甘いですが、ほんのりコーヒーの風味がしておいしいです。

コツは、冷凍庫に入れる前にプレーン・コーヒーをほぼ同じ形・長さにしておくこと。また、成形した時に、出てしまった端は包丁でカットしてしまうことでしょうか。

作ってみると、同じデザインのクッキーが何枚もできるので楽しいはず。スイーツを作ったことがない男性でも、ものづくりが好きならハマる要素は大きいですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。